5: 本当にあった怖い名無し 2006/12/15(金) 17:02:24 ID:RcW2J4H10
割と良くある話らしいんだけど。 

祖父の法事があり久しぶりに親類が集まったのだが、祖父の長女夫婦が持ってきた香典がオカシイ。 
表には3万と書かれているが中には1万。 
家に帰ってきた時点で封がされていないことに気付き、中を確認して発覚。 
受け取った時点で専用バッグに入れ帰宅まで自分一人で管理していたので 
受け取り後から確認時までの間に落としたといった事故はありえない。 

長女の旦那は昔から態度が大きいらしく、祖父の葬儀には喪主をやった父(長男)を 
差し置いてなにかと前に出てきて挨拶までする始末。 
人を小馬鹿にしているようなニヤニヤ顔が気持ち悪く子供の頃から極力避けているのだが、 
法事で会っても10年ほど前から聞いている「某株で大損した話(これだけ負けても俺は平気)」をまた聞かされた。 
祖父が老衰で亡くなる一ヶ月に入院した際には「おまえさん達は栄養ある物きちんと食べさせてるのか?」 
父が肺炎で入院した際に「入院するような病気になる人間は失格だ、俺が家系を継いでやるわ」 

何かにつけてウザい言動が目立つ人の上、法事では酒を飲むだけ飲んで挨拶もせず途中退場。 
「香典袋に封し忘れた感じで2万はお前らが落としたって事にすりゃいいか」 
とやられた気がするのだが、こういうことを香典や祝儀でやるなと高校生ながら思った。
28: 本当にあった怖い名無し 2006/12/16(土) 01:52:17 ID:2sMC9Cb10
>>5
自分だったら長女に意見できるような親戚に「お金入れ忘れていたよww」(←これは実際よくあるw)
と笑い話のように言わせるだろうなっと思った
1万円も無かったことに・・・

そして反応を観察したい('A`)y─┛~~

7: 本当にあった怖い名無し 2006/12/15(金) 17:43:20 ID:8JdLk2pJ0
>>1さん乙

フルハウスとかの枠でやってたドラマ「アルフ」
ストーリーは、宇宙人であるアルフが地球に遭難(?)してやって来て
それをある一家が匿った事で起きる騒動話のホームドラマ。
毎回楽しみに見てたんだけど、最終回の後味が悪かった。

楽しく暮らしていたある日、アルフの迎えが来る事になり
当日の夜、UFOが着陸できるような広場に一家とアルフがやって来て
別れの挨拶等をしていると、やがてUFOがやってくる。
ゆっくりと降りてくるUFOを見つめるアルフと一家。
しかしその時、突然パトカーが大量にやってきて、アルフが警官に囲まれてしまう。
(途中で目撃され、通報されてしまったらしい)
逃げ去っていくUFO
泣き叫びながらアルフの所へ向かおうとする娘達と
それを止むを得ず静止する両親
銃を突きつけられ愕然とした表情のアルフ。

……そこで終わり。
ずっとほのぼの路線だったので、まさかそんな結末だとは思わなかった。
小学生だった妹は泣いていたし、中学生だった自分もさすがにショックだった。

8: 本当にあった怖い名無し 2006/12/15(金) 17:45:20 ID:DLIHJ6Ip0
>>7
そんな最終回だったのか!
ひどいなw

9: 本当にあった怖い名無し 2006/12/15(金) 17:49:36 ID:adf/M/jf0
>>7
えー、超面白かったのに。
最終回でいきなり展開変える奴って、それでしてやったりとでも思っているのかね?

10: 本当にあった怖い名無し 2006/12/15(金) 17:51:16 ID:DLIHJ6Ip0
>>9
アメリカのドラマって
打ち切るときは、本当に突然終わるんだよな。
これも、きっとそうだったんだろうね。

29: 本当にあった怖い名無し 2006/12/16(土) 05:13:25 ID:kk/jPdxy0
>>7後味が悪いとか何も関係ないが
アルフに出てくる腹話術の人形が不気味すぎて
当時めちゃめちゃ怖かった。
チャッキー以上ジェイソン未満で怖かった。
そんな二十歳前後の奴多いだろ?

58: 本当にあった怖い名無し 2006/12/16(土) 13:24:42 ID:ImJDWwVJ0
>>7
どっかのアルフ掲示板で見たような。
それは書き込んだ人の勘違いってか記憶の捏造だったよ。
最終回は友人の宇宙人のおかげでアルフが宇宙に帰れそうになるけど
UFO対策機関みたいなののせいでオジャンになっちゃうって話。
>>19の言う通り続編が作れるような最終回にしたんだろうね。

13: 本当にあった怖い名無し 2006/12/15(金) 18:29:05 ID:Sj7EIiZtO
小池真理子の『墓地を見下ろす家』

1/2

主人公一家は格安の新築マンションに越してくる
マンションの三方を墓地、寺、火葬場に囲まれているのが不満だったがそれ以外は申し分なかった
しかし暮らしていくうちに次々に奇っ怪な出来事が起こる(子供の足が急に切れる、地下室で人の声やガタガタ音がする等)
地下室を調べに行った主人公の夫、マンションの管理人夫婦はこのマンションに巣くう恐ろしい亡霊達を目撃してしまう
あまりの恐怖に住民達は次々引っ越していき、ついにはマンションに主人公一家だけになってしまう
主人公夫婦も引っ越そうとするが亡霊が邪魔するかのように引越先の火事等でなかなか動く事ができない

14: 本当にあった怖い名無し 2006/12/15(金) 18:30:38 ID:Sj7EIiZtO
2/2

なんとか引越先が決まり引越当日、主人公夫婦は弟夫婦に手伝って貰って準備をする
が、マンションのドアが開かなくなり閉じ込められてしまった
助けを呼ぶも、マンションに近づいた人は次々溶かされてしまう
弟夫婦も主人公の必死の制止を振り切り逃げ出そうとして殺される
何も出来なくなった主人公一家はどうする事も出来ないがそれでも生きようと誓う
お互いを信じ、夫婦は愛し合う
部屋には得体の知れないものがだんだん近づいてくるところだった



ホラー文庫だしわかっちゃいるけど救われなくて('A`)
他の住民は出て行けたのに主人公夫婦だけ殺されてしまう(?)のも…
夫婦は巻き込まれただけなのになぁ

17: 本当にあった怖い名無し 2006/12/15(金) 20:00:27 ID:zt7QRnz4O
アルフと聞いて思い出した。
うろなんだか、アルフが腹話術の人形を拾ってくる話。
どこからか拾ってきただかの人形を可愛がるアルフ。家族のみんなに、腹話術を得意気に見せたり、一緒に寝たり。
始めこそ微笑ましいんだけど、その人形が一人で喋りだしたり動き出したりする。
家族は人形を捨てろと言うが、情の移ったアルフは捨てられない。
とか言う筋なんだが、その人形が気持悪くて怖い。
最終的に、冷凍庫に人形を突っ込んで解決したんだっな。

ふと思い出しただけな上に支離滅裂だな。

18: 本当にあった怖い名無し 2006/12/15(金) 21:34:47 ID:wBT0y20r0
>>17
それは解決してるのか?

24: 本当にあった怖い名無し 2006/12/15(金) 22:24:46 ID:SxqbN1dtO
数日後、昼間のレストランに、数人の主婦を連れた「悪魔の家族」の妻が来店する。
彼女たちの話から、悪魔妻は学校の教師をしているらしいこと、
また「悪魔の家族」が、店からも見える坂の上に建つ、立派な新築の家に
住んでいることなどがわかる。
素敵な先生然として主婦達に子育てのアドバイスをする悪魔妻に、主人公やオーナー夫婦は
『実の息子たちの無言のSOSにも気付かないで何が素敵なおかあさん先生だ!』
と憤る。


50: 本当にあった怖い名無し 2006/12/16(土) 12:47:42 ID:sMbKjPwV0
これが、諸星大二郎の漫画だったらぜひタイトルとのってる単行本を
教えてください。

豊田市を遥かに強力にしたような、企業を中心に全てが回るような街の話。

新入社員の青年の初仕事が書類の届け物をすることだった。
最初は簡単な仕事だと思っていたけど、いろんなとこをたらい回しにされ
続けて、ものすごい時間がかかる。

白鳥産業→大原製鉄→両津工業→・・・・・・のように。ものすごいお役所仕事。

毎日朝、自宅のFAXにこの書類は○○産業まで持ってきてくださいと連絡が
入り、もっていくと、ここでは受け取れないから、連絡しておくよと返されて、
自宅に帰る。そしてまた次の日にFAXが届いて、指定された場所に持っていくと
ここでは受け取れないと返される。それが延々続く。

一年たっても二年たっても青年は部署をたらい回しにされ続ける。なんだこの
街はっていらついてた青年も、やがてこんなもんかと思いながら、結婚して子供もできる。
月日は流れて数十年。年老いて定年間際で、病に倒れる。
しかし、書類はまだどこも受け取ってくれない。

そして、とうとう死の直前にFAXが入る。
「本社の重役室で受け取ります」

家族がそれを見て、
「すごいわ、本社の重役室に呼ばれるなんて!!。おじいちゃんすごい」
とか言ってる。しかし、老人は既に死んでいた。

という話。もう十年くらい前に読んだんだけど妙に印象に残っています。
ぜひもう一度読みたい。

52: 39 2006/12/16(土) 12:55:31 ID:rC5sNAmf0
>>50
双葉社『ぼくとフリオと校庭で』所収の「城」。
「世にも奇妙な物語」でドラマ化されているらしいが未確認。

56: 本当にあった怖い名無し 2006/12/16(土) 12:59:03 ID:IgQ9jZNvO
>>52
世にもで見たことあるわ

53: 本当にあった怖い名無し 2006/12/16(土) 12:56:02 ID:n++zbnfx0
>>50
こんな仕事で、ちゃんと家庭もてるくらい給料保障されて
心の底からウラヤマシス

595: 本当にあった怖い名無し 2006/12/25(月) 19:25:27 ID:NBO/JQKv0
>>59
男だけど四回目五回目とかは正直つらいぞ。
なんでこんなことをしなければならないのかといつも思う。

60: 本当にあった怖い名無し 2006/12/16(土) 13:48:01 ID:wX/S8SnlO
なんか犬にタマネギあげた話なかった?

61: 本当にあった怖い名無し 2006/12/16(土) 14:32:28 ID:FthA3QxWO
>>60
聞きたい

63: 60 2006/12/16(土) 15:08:35 ID:wX/S8SnlO
たしか庭でバーベキューやったときにとなり家でかってる
ガリガリのつながれっぱなしのかわいそうな
犬に残り物あげたらタマネギ中毒で
死んだとかそんな話

64: 本当にあった怖い名無し 2006/12/16(土) 15:12:51 ID:t4jW8oWfO
>>63
後味悪い(;´Д`)

74: 本当にあった怖い名無し 2006/12/16(土) 18:59:16 ID:0mfwaE8s0
あれね
俺あの著者好きだから出てすぐ本買ったんだけど、
あの本の姿勢にも、2ちゃんねるでの話題になるなり方にも酷く驚いた。

別の本で読んだんだけど、あの加害者って、心を病んじゃってて、
少年院入れられた後自殺未遂までしてるんだよ。その後立ち直った。
それなのにそのことはあの本には書いてないし、こうまで言われるのか、と。

首を落とした理由も「そうしないと生き返ってまたいじめられるから」って証言してるんだぜ。
苛めは周りで見ている側や苛めている側にはその苦しさは解からないってみんな知っているだろうに、
何故あの人だけこうまで悪く言われなきゃいけないんだろう。

83: 本当にあった怖い名無し 2006/12/16(土) 22:53:28 ID:0q/bcGlQO
子供が被害者の事件特集みたいな漫画雑誌で、兄弟二人が両親に虐待される話があった。昔母親が病気か何かで死にそうな時、病院に受け入れてもらえなかったため兄は日本における医者不足を実感。
医者になろうと決意する。
父親は再婚した。
親に自分の夢を話したら金も無いし無理だと馬鹿にされたが、兄は夢を捨てていない。

ある頃から両親に虐待され始め、痩せてくる。クラスメイト達は心配してご飯を分けてくれたりしてくれた。
何かあるなら言ってね!とか皆が言ってくれて、嬉しくなる兄。
でも何故か相談しない。

確か担任が不審に思って家に来て、両親が必死で追い返した時から兄弟二人とも両親に監禁され、食事を与えてもらえなくなる。
二人は痩せ細り、骨のようになって体力的にも精神的にも限界が来ていた。
二人は逃げ出すことを決意する。
両親が夕食をとっている時に兄が包丁で両親を牽制し、弟を逃がす。両親は「ご飯あげるからやめなさい!」と焦る。

弟は殆んど無い力を振り絞って、必死で外に出て保護される。
兄も殆んど歩けないけれど必死に玄関まで走る。光が見たい、それだけを考えて。

そして漸くドアノブに手が届きそうになった時、後ろから首にロープをかけられた。
抵抗する体力も無い兄は、そのまま両親に絞殺されてしまう。

逮捕される両親。泣き叫ぶ弟。
合コンのことを携帯で話す若い男達が描かれた後、最後のページは「ただ光が見たかった」みたいな兄の心の中の台詞で終わり。

実話を元にしたフィクションらしいです。
立ち読みだったんで色々とうろ覚えですが…。
読んだ後とても重い気分になりました。

98: 本当にあった怖い名無し 2006/12/17(日) 00:47:05 ID:++hZvI+1O
即出かもしれないけどオダギリジョーが出てた時効刑事ってドラマ。

なんだか見てるとモヤモヤする

136: 本当にあった怖い名無し 2006/12/17(日) 14:06:17 ID:9ZfuIdcd0
>>98
あれはわざとというか、狙ってるよね。モヤモヤさせたいんだと思う。
どんなに時間が経って時効を迎えても、主人公が事件の闇を暴いても、
一度起こってしまった罪は後味よくなることなんてないってスタンスでやってるんだと思う。
同局「おみやさん」はまだ昔の犯罪を暴くことでそれなりの救いがあることが多いけど、
「時効警察」は調べるだけで、犯罪者に主人公は何もしてあげない。
どっちも好きだけどね。

138: 本当にあった怖い名無し 2006/12/17(日) 14:10:59 ID:4FPi8NVdO
>>136
出来ればあらすじ書いて欲しいな

140: 本当にあった怖い名無し 2006/12/17(日) 14:24:32 ID:9ZfuIdcd0
>>138
そうだね、ごめんよ。
時効警察は一話完結のオムニバスなんだけど、
基本は時効課の警察官霧山が時効になった未解決事件を趣味で調査する話。
当時の事件関係者に遺留品等を持って行くついでに、いろいろ話を聞いたりして、
真相をつかみそれを真犯人に披露する。
で、「時効は迎えているので僕はあなたを逮捕できません、誰にも言いません」と言って
『誰にも言いませんカード』というのを渡して去っていく。そんだけ。趣味だから。
だからモヤモヤするし、>>136みたいな狙いがあるんだろうなと。
ただどの話も時効になった事件そのものは、そこまで後味悪くなかったような記憶が多い。

114: 1/3 2006/12/17(日) 03:12:25 ID:ye52dXXm0
アンネ・フリークスって漫画
「恋人未満って感じだった男女が共に敵を倒し、そしてくっつく」
って終わり方ではあるんだが、ちょっとな

とある宗教団体があった。
詳しく描写されてはいないが、幹部連中を神扱いし、
幹部の命令にはなんでも従い、テロなどを起こした後に内部抗争を起こしたりと物騒な団体。
その争いから逃れるために、幹部の子供たち(それぞれの幹部の子供で兄弟ではない)を
連れて脱退した者たちがいた。連れられた子供は三人。

そのうちの一人である少年・ゆりは、実母と二人で暮らしていた。
ゆりは父親が宗教団体の幹部である事とかは全く知らない。
母はいつのころからか「父親にだんだん似てきた」とゆりに性関係を強いるようになり、
その挙句にゆりに心中を迫り、拒んだ結果、ゆりは母を見殺しにしてしまう。
そこに現れる謎の美少女・あんな。彼女も幹部の子供。
彼女を連れて逃げた青年は、現在は無免許医として裏の世界で生きており、
彼の傍で育ったあんなは自然と裏の技術を習得し、倫理観もかなり狂っている。
あんなは母の死体処理を担い、ゆりに自分についてくるように言った。
母は自分が殺したようなものだと罪悪感を抱いているゆりは
もう元の世界にはいられないと感じ、美少女であるあんなに惹かれた事もあって、あんなについていく。

もう一人の子供のみつばは、父と姉(実際は血の繋がりはない)と共に平凡にすごしていた。
だが、宗教団体の者たちに父と姉を惨殺されてしまう。
彼らの言い分は「君は我々の仲間だ。奴らは我々を裏切って君を拉致した。君を助けるために奴らを殺した」
ゆり同様事情を知らず、またかなり真っ当に育っていたみつばは反撃するが、
「可哀相に洗脳されてしまっている」と集団に拉致されそうになる。
そこにあんなが現れる。あんなに渡された銃でみつばは宗教団体の者たちを殺してしまう。
家族を亡くし、人も殺してしまった。みつばもあんなについてくるようになった。

116: 2/3 2006/12/17(日) 03:13:01 ID:ye52dXXm0
三人は、あんなの仲間と共に自分たちを狙ってくる宗教団体を潰そうと計画する。
あんなはその過程で人を殺しまくり、警察の者や一般人まで邪魔ならサクサク殺していく。
むしろ、殺すのを楽しがっている感じ。引きながらも二人は段々その手の状況に慣れていく。

宗教団体は前から公安やらに目をつけられており、それに絡んでいる三人も目をつけられた。
少年課の刑事で、子持ちの生野は犯罪少年に対しても憐憫と母性を持って接している。
「世の中には親の負の遺産によって歪められている子供たちがいる。周りの大人が助けないと」
というノリで三人に近づくが、あんなに殺されかけて信念を揺るがせる。

関係者を殺しまくっているあんなは別として、幹部の子供は宗教側からは歓迎されていた。
それを利用して、ゆりとみつばは宗教団体の本部に潜伏する事に成功する。
中で生活している人たちは、街を歩いている一般人となんら変わりない風貌と言動をしている。
信者間で生まれた赤ん坊もいる。懐かれてちょっとほのぼのする二人。
そこに信者の男性が写真を見せながら、この男を知らないかと聞いてきた。
そこに写っているのは、以前あんなが捕らえて情報を聞き出すために拷問した後に殺した男だった。
「私の弟なんです。この前やっと子供が生まれたばかりで……」
その子供が、さっきの赤ん坊だった。
あんなの殺人に大してすっかり麻痺していた二人だが、
実際に殺された者の肉親の悲しみ嘆く姿を見て動揺する。

その夜にみつばは言う。あんなはあれだけ人を殺しているし、自分も人殺しだ。
でも、ゆりは違う。まだ戻れる。だから団体を潰したら元の生活に戻ってくれと。

色々あって二人がスパイである事がばれ、監禁される。
あんなとその仲間たちが突撃してくる。
現在の幹部は特に反抗的な態度を取ったからと、みつばを屋上から首吊りにした。
あんなの仲間がすぐに応急手当をしたので命は取り留めた。
戦いの末に幹部たちを殺す事に成功したが、あんなの仲間も殺され、
それにまだ生きている信者はいくらでもいるので、全ての芽が摘み取られたわけではない。


117: 3/3 2006/12/17(日) 03:15:52 ID:ye52dXXm0
警察がかけつけたので、意識不明のみつばをその場に置いて、ゆりとあんなは逃げた。
後に病院に行ったところ、みつばは意識不明のままで植物状態になっていた。
また歩き出す二人。それを生野は単独で追う。
一度は揺らいだものの、やはりまだ未成年の子供を見捨てるわけにはいかない、
生野はそう再確認していた。だがあっさりあんなに足を撃たれて倒れ込む。
あんなは言う。ゆりがこの女を殺せと。パトカーの音が聞こえる。
「あたしが生きられるのはこの音の中だけ 一緒にきてよ」
涙ぐむあんな。躊躇った後にゆりはナイフで生野の首を切り裂いた。
みつばくん、僕はもう戻れない。ゆりはそう思う。

死んだ仲間が残していた大量の重火器を見つけ、はしゃぐあんな。
早くも次のターゲットを見つけ、あんなは頬を染めてうきうきとしている。
「獲物を狙う時のあんなは生き生きとして魅力的だ
 そんなあんなを見ていると僕も嬉しい 僕は今幸せだ」
二人ははじめて唇を重ね、そして手を繋いで歩き出した



仲間の中にはあんなを育てた青年もいて、
その青年は死ぬ時にゆりに向かって「次はお前だな」とつぶやき、
また公安サイドの人間が「あんなは容姿で男を釣って弾除けにつかってるだけ」
的な発言をしているし、ツンデレデレって感じな態度を取りつつも
やっぱり利用してるだけなのかなーと思うと、ゆりの今後が心配になる

137: 本当にあった怖い名無し 2006/12/17(日) 14:10:37 ID:tc26UWxl0
>>117
その漫画3巻ぐらいで完結だったんだけど最後読んで無くてどうでも良くなってたけどそんなオチだったんだ
その作者は死刑囚042の方が楽しい気がしないでもない。後味悪くは無いので割愛

118: 本当にあった怖い名無し 2006/12/17(日) 06:31:01 ID:qX4F1h7z0
イジメで思い出した…

中学の時、仲良しグループ内でシカトにあった。
原因がわからなくて色々考えたけど、
あっちが無視してもこちらは明るく挨拶したり、無視されてるからって
対抗したりせず公平な態度をとることに努めた。
数ヵ月後、リーダー格の子が謝ってくれて和解できた。
なにか感じてくれたのか、人への好き嫌いが激しかったその子が少し優しくなった。

それからしばらくして、母とイジメの話題になった時に
「私も○ちゃんとこういうことがあったんだよ、でも仲直りできた。」と話してしまった。
終わったことだし誰にも言わないでね、と釘をさしておいたのに、
母は数日後の保護者会から帰るなり、鼻息荒く
「先生に言っておいたわよ!」∑(゚Д゚)
あれほど言ったのに、終わったことなのにと抗議したけど「だって悔しいじゃない!」

相手も担任を通じて何か言われたらしく、再び気まずくなってしまった。
イジメではないけどお互いなにか話しにくいというか…
高校まで一緒だったけれど、その後お互い顔を合わせても、仲良く話せることはなかった。

119: 本当にあった怖い名無し 2006/12/17(日) 09:30:42 ID:DBXrOczz0
>>118
DQNババァうぜ~

122: 本当にあった怖い名無し 2006/12/17(日) 11:58:05 ID:ykufvfqbO
>>119ちょww気持ちはわかるが、それでも118にとっては母親なんだから言葉選ぼうよ。

151: 本当にあった怖い名無し 2006/12/17(日) 19:48:44 ID:1X2hf5h80
グリム童話の千色皮。後味が悪いというか、何となく気持ち悪い終わり方。

ある国の王のお妃が亡くなってしまう。
お妃の遺言は、「再婚相手はわたくしよりも美しい女性と」。
お妃は大変美しかったので、そんな女性はそうそう居ない。
途方に暮れていた王の目に留まったのは、他でも無い自分の娘である姫。

王は姫に求婚するが、当然姫は拒否。
引き下がってくれない王に、姫はかぐや姫宜しく王に無理難題を出す。
が、それに答えてしまう王。
そこで最後に姫は、「千匹の獣の毛皮で作ったマントをくださいな」と言う。
無理だろうと思っていた姫の考えを裏切り、それに答えてしまう王。

ある晩、姫は千色皮のマントをはおって城を抜け出した。
それから……なんかまあ色々あるんだけれども。
最終的には、王と姫は仲睦まじくいつまでも幸せに暮らしましたとさ、で終わる。

近親相姦ヤバスと思った姫が、結局は戻ってきて親父とくっ付くっていう……こんなのあり?
ロバと王女、っていうこの話を元にした映画は後味良く終わってくれるんだけど。

153: 本当にあった怖い名無し 2006/12/17(日) 20:43:55 ID:PC0nek7C0
>>151
それ違う話とまざってない?
逃げ出したお姫様は隣の国の王子様のところに下働きで雇われて
王子様の嫁さがしの舞踏会に、父親に無理難題いってつくってもらった
太陽の服 と月の服 と星の服 をきて王子様と三日踊り、気に入られて、
最終的には王子様と結婚したって話だったよ

155: 本当にあった怖い名無し 2006/12/17(日) 21:02:27 ID:Ktwh6E6BO
>>153
私が知ってるのも151のバージョンだよ。

167: 本当にあった怖い名無し 2006/12/17(日) 22:20:01 ID:shvPbhKR0
シンデレラの、意地悪な姉さん達が酷い目に合うバージョンだと、
姉さん達は靴を履くテストの時に、
足を小さくするためにつま先切り落としてたり踵を切り落としてたり
する。ここでもう酷い目にあってるんだから
最後に駄目押しで酷い目に合わせるのは酷いと子供心に思ってた。

171: 本当にあった怖い名無し 2006/12/17(日) 22:33:38 ID:iFoSwQz80
一時期初版のグリム童話にハマったなー。
どれもこれも後味悪くて最高だった。

260: 本当にあった怖い名無し 2006/12/20(水) 03:28:43 ID:iniJlaijO
『ヒミズ』
何回か既出だが、要約下手だったらスマソ

主人公は、DQNな父と母を持つ、いつも冷静で志高い中学生A。
家は釣り堀屋を営んでいたが、父はどこかに失踪、そしてAと一緒に暮らしていた母もAを置き去りにし別の男と出て行ってしまった。

同級生達がそんなAを心配してかけつけてくれて、皆で釣り堀経営を助けてくれたり、ご飯を持ってきてくれたりでなんとか独りの生活を始めるA。

Aはそんな生活に負けそうになると、たまたまDQNな親の元に産まれてしまっただけだ、いつかは必ず『普通』という立派な大人になるという信念を持ち、強くたくましく毎日を過ごす。
そんなある日失踪していたAの親父がひょっこり家に現れる。母が別の男と出て行き、金も無い事を告げると『そうか』とまたすぐ出て行ってしまう。
帰って行く親父の後ろ姿…その背後から声もかけず、落ちていたブロックの塊を親父の頭に振り落として殺し、そして家の近くに埋めてしまうA。

もう普通の大人にはなる事はできなくなってしまった。
そしてこのまま自首するのだったら、世の中の悪い奴を捜しだしてとっちめてやり、せめて人様の役にたってから自首しようと悪い奴捜しの旅を始める事に。

261: 本当にあった怖い名無し 2006/12/20(水) 03:33:21 ID:iniJlaijO
それで、悪い奴を捜し出して本当にとっちめてやったり、
Aの親父が作った借金のために893金融屋に追われて大怪我したり、その893に拳銃を貰ったり色々あるが割愛。

そんな終わりも無く意味の無いような旅に疲れ果ててきた頃、Aの事が好きな同級生の少女B(ちなみに二人は生意気な事にSEX済み)
がAの親父殺しの犯行を知ってしまい、泣きながら警察に通報。
Aは逮捕される事になる。
しかし、Aは今晩だけ待って欲しい、Bと一緒にいさせて欲しい、明日の朝に必ず出頭するからと必死に警察に懇願。警察はAを信じて逮捕を明日にする事にした…

その晩の夜更け頃、寝ていたBはパンッという銃声の音でハッと目を覚ます
隣で一緒に寝ていたはずのAがいない!

家の敷地で拳銃自殺を計りポツンと倒れているAの姿…

で終わり。


初めての投下と携帯からで読みずらかった方ゴメソ

311: 本当にあった怖い名無し 2006/12/20(水) 16:51:35 ID:TDLnDvG/0
ドリカムが後味悪い。
アメリカ進出だとか言ってキーボードの西川氏を一人日本に残して残してアメリカに本拠地を移す。
その間、残された西川氏は長年続けてたドリカムのラジオ番組などを任される。
しかし西川氏は元々MCなどは苦手で放送の度にいっぱいいっぱいの様子だったが彼なりに頑張っていた。
この頃、西川氏のホモ疑惑が持ち上がる。
2人ドリカムはアメリカでは鳴かず飛ばずのまま当初予定していた活動期間とやらを終え日本に帰国する。
やっと西川氏の苦労も終え3人ドリカムに戻るかと思ったら西川氏の首を切る。
西川氏が覚せい剤所持で逮捕。
水面下で覚せい剤所持がメンバーにバレ、公になる前に首を切ったのか、
首を切られて自暴自棄になり覚せい剤に手を出したのか知らんが
長年やってきた仲間に窓際族みたいな処遇に置いたりあっさり首を切るあたり
綺麗な声で綺麗なメロディーに綺麗な歌詞をのせて歌う2人ドリカムを見る度に後味が悪い。

324: 本当にあった怖い名無し 2006/12/20(水) 18:09:30 ID:G6AQt0800
むかし、ベストテンだかトップテンだかで(ミュージックステーションのような番組です)
Winkの二人が出てたんだけど(今で言うPuffyのような女二人組です、お嬢さん系)、
スタジオの番組観覧者に「二人のどっちが好きですかー?」て生アンケートして
電光掲示板でどっちのファンが多いか「発表でーす!」って感じで掲示してたんだが
どっちかがちょっと多くて二人ともなんか可哀想に思った。

326: 本当にあった怖い名無し 2006/12/20(水) 18:40:14 ID:XmwPG73Z0
>>324
悪趣味な演出だなあ。

334: 本当にあった怖い名無し 2006/12/20(水) 20:04:15 ID:m5ljaf640
モンキー・パンチ版「ルパン三世」一巻から。
大富豪・大井財閥当主の豪邸に足を踏み入れるルパン。彼は当主の息子から依頼を受けていた。
病気により余命わずかと診断された大井は財閥を息子に譲ると世間に公表した。
しかし、その時思いもよらぬ困った事が起こった。
大井の隠し子を名乗る女が現れたのである。彼女は財産はいらないが、娘の存在を世間に発表しろと迫っていた。
もちろん、そのような事ができるわけがない。・・・・・事実上の脅迫である。
息子は女が大井家の娘であるとは信じておらず女のしっぽをつかもうとしていた。
女の正体を探る為に雇ったスパイ・・・それがルパんだったのである。
ルパンが訪れたその日の夜、危篤状態だった大井氏が死亡する。
息子は女が本当に大井の娘であるかを確認する為に血液型検査を行う(昭和40年代なのでDNA鑑定はない)
結果は陽性。女の嘘をあばけずに焦る息子。

335: 本当にあった怖い名無し 2006/12/20(水) 20:21:04 ID:cxo1WIPV0
彼はルパンに女を痛めつけて自白する様に頼む。
「俺、カワイコちゃんは痛めつけられないんだ・・・、まぁ、ベッドで聞く事にするよ」
息子は部下の一人にテープレコーダーを持たせて部屋の外に配置し、ルパンに不二子を任せた。
ベッドでテクニックを発揮するルパン。快感のあまりに女は「そうよ、私は大井の娘じゃないわ」と叫ぶ。
女の自白をテープレコーダーにおさめ、喜ぶ部下。しかし、部下は次の瞬間に何者かに殺される。
翌日、「女の自白が取れた」とテープレコーダーを持ってルパンが現れる。
テープには確かに女の告白が入っていた。大喜びした息子は早速人を集め、ついでに警察(銭形含む)も呼び
テープレコーダーを公開した。しかし中には全く違う内容が息子自身の声で吹き込まれていた。
「私は大井氏の息子と余りに似ていたので殺して入れ替わりました。今もその事を知っている人を一人殺して来たところです・・・。
その人の死体は二階にあります」
身に覚えのない独白にうろたえる息子。2階からは部下の死体が発見される。
「違う、俺は無実だ!!俺は本物だ!!」弁解も空しく息子は銭形に連行された。

ベッドで女(実は峰 不二子)がルパンにささやく。
「息子の部下を殺したのもあなた。偽のテープで息子を陥れたのもあなた。これで財閥はあなたのものよ。私、あなたみたいな
悪党見た事ないわ」

無実の息子は刑務所へ、不二子とルパンは財閥を乗っ取りめでたしめでたし。

336: 本当にあった怖い名無し 2006/12/20(水) 20:29:37 ID:Lsy8tUrLO
ルパンと不二子って普通にヤってんの?

337: 本当にあった怖い名無し 2006/12/20(水) 20:33:04 ID:cxo1WIPV0
多分そうだと思う。

354: 本当にあった怖い名無し 2006/12/21(木) 00:07:25 ID:diymaIHH0
ルパンと言えば印象に残ってるのが
アニメ第一期の4話「脱獄のチャンスは一度」だな。

あらすじは
ルパンが銭形に捕まり刑務所に送られる。銭形は逮捕したルパン相手に勝ち誇り
ルパンはプライドを酷く傷つけられる。
牢屋に入れられるなり何度もルパンは
「俺はルパンじゃない!あいつがルパンだ!ルパンに入れ替わられたんだ!」
と取り乱し、わめきちらす。
他の警官たちは「恐怖で頭でも変になったのか」と相手にしないが
銭形は牢屋のルパンを調べるが、異常なし。
その後も、事あるごとに「俺はルパンじゃない!」と泣き叫ぶルパン。
一向に警戒を緩めない銭形だったが、月日が1年2年と過ぎていき、哀れに泣き叫ぶ
ルパンを見てとうとう銭形も相手にしなくなる。

そして死刑執行の当日、ルパンは見回りの警官と入れ替わりる(このあたりはうろ覚えでどうやって入れ替わったかは忘れた)
そして死刑執行の時、処刑場に連れて行かれるルパンに入れ替わられた銭形の部下は
「俺はルパンじゃない!あいつがルパンだ!」と泣き叫ぶが銭形他警官は相手にしない。
そして安全な場所でルパンは変装をとき、銭形にネタばらし。
怒り狂ってルパンを逮捕しようとする銭形にルパンは「そんな事してていいのか?今ごろアンタの部下はどうなってる?」
とたずねる。ここで電気椅子に座らされ、電流が流れる男の映像がカットイン。

と、まあこんな感じ。
逮捕の屈辱を受けたルパンは銭形にも敗北感を与えるためにこの脱獄方法を取ったのだそうだが、
「明るく優しいルパンととっつぁんはいがみ会っているようで実は友情で結ばれてる」みたいな第二期以降の
ルパンしか見たことなかったので、本気で憎しみあう二人と、ルパンの身代わりにされて死んだ銭形の部下が悲惨で子供の頃は後味悪かった。

今は大好きだが

359: 本当にあった怖い名無し 2006/12/21(木) 00:51:51 ID:TK7BmJGe0
>>354
最近ケーブルテレビでその回見たけど
>ここで電気椅子に座らされ、電流が流れる男の映像がカットイン。
このシーンはなくって曖昧。俺はてっきりちゃんと助けてもらえたと思ってたんだが・・・
後味悪いってことでカットされたのかな
確かに終始シリアスな雰囲気の回ではあった
フジコがルパンを助けに来るたびに次元が邪魔してたのが印象的


361: 本当にあった怖い名無し 2006/12/21(木) 01:00:09 ID:KjJvMRxFO
>>359
私も以前スカパーでその話見たよ。
359さんのゆうとおり、身代わりにされた警官が連れていかれる
ところでそのシーンは終わりだった気がする。

364: 本当にあった怖い名無し 2006/12/21(木) 01:32:40 ID:EiCEZmaf0
>>354
ルパン一世も同じようなネタで脱獄してたような。