11: 本当にあった怖い名無し 2007/09/10(月) 19:59:41 ID:wQTlPj630
武勇伝スレに投下されたネタでありながらやたら後味悪いので、 
新スレの一番乗りがコピペで申し訳ないがとにかくコピペ 

174 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2007/09/07(金) 18:35:36 HsI0kisB 
 今日の話。 
 昨日の台風の中、置き傘をしてたAさんの傘を、 
 誰かが勝手に持っていったらしい。 
 周りの証言からして明らかにBさんだということが判明。 
 上司とかも「彼女の人間性を疑う」、とか言い出して 
 かなり大問題に。 
 出社してきたBさんは、真っ青になって否定し、 
 あくまでもAの好意でもらったと言うが、Aは違うという。 
 話は平行線だけど、仕事もできて人望もあるAさんが正しい感じになった。 

しかし、いきなり窓際中の窓際の仙人係長登場。 
 AがBに傘をあげるとこを、はっきり見てたという。 
 時間と場所をはっきり言うと、Aが顔面蒼白になり真実が露見。 
 今までも2~3回、Aとトラブルがあった人(全員派遣)も 
 実は被害者じゃないか?ということもついでに露見。 

普段、いるかいないかわかんない係長、超GJでした。 
 でもあの人が女子更衣室付近に居たのは何で全員スルーなんだろ…
12: 本当にあった怖い名無し 2007/09/10(月) 20:00:17 ID:wQTlPj630
187 名前:174 投稿日:2007/09/07(金) 20:29:37 HsI0kisB
>>175
その後は、始業時間になりうやむやに。
Aさんは一言「弁明や言い訳はしたくないの…」といってるだけ。
Bさんは鬼の首とったようにAの悪口。(正直あんまり聞きたくない)
ただ、Aさんは人望があるので他の人の対応は普通でした。

Aさんの動機については本当にさっぱりわかりませんね…
彼女はとにかく仕事ができる人だし、親切。
私の仕事が残業しても終わらないレベルで忙しかったときに、
終電近くまで手伝ってくれたこともあるんで。
それゆえに不可解。
ただ、仙人係長も嘘つく人じゃないし、彼もまた信頼度抜群。
何より嘘なら否定すれば終わることですしね…。

実話だけに明確なオチなくてごめん。

16: 本当にあった怖い名無し 2007/09/10(月) 22:29:33 ID:91F/PEoN0
>>12
BもBだよな相手が間違ったことをしているとわかったら高い位置から攻撃しまくる、ネットの「祭り」もそんな感じがするのだが。

18: 本当にあった怖い名無し 2007/09/10(月) 23:31:12 ID:WNM7mD0c0
>>16
そういう書き込みで「みんな」を責めるのが一番上から目線だと感じちゃうのだわ

19: 本当にあった怖い名無し 2007/09/11(火) 02:02:06 ID:QSwerk1S0
俺がBならひたすらAを責める。
だって理由いわないのって腹たつだろう?ふざけんなって感じだ。
Aが理由言って謝ってるのに、いつまでもグチグチ言ってくるなら>>16と同じ感想になるな。

22: 本当にあった怖い名無し 2007/09/11(火) 06:25:30 ID:mUGo/tUGO
自分語り長文スマソだけど、流れで思い出した話。

職場に、明るくて仕事が出来て親切で美人な先輩(仮名カオリさん)がいた。
入社した時から私の面倒をよく見てくれて
私が覚えの無いミスで訳も分からず上司に怒られている時なんか、その上司に食ってかかっちゃうような後輩思いの本当に良い先輩。

そんなある日、新入社員の子がいきなり「すみません!皆のお昼を買うために皆から午前中に集めたお金を無くしてしまった」
といって泣き出す事件が起きた。

うちの職場は忙しくてお昼買いに行くのもままならないから、新入社員の子がまとめて買い出しに行くのが古い慣わしなのね。
その時もカオリさんは優しくフォロー。「今日はお昼私が奢るよ」なんて言って、新入社員の子は本当に助かったみたいだった。

でも別の日、同じ子がまたお金を無くした。
その時もカオリさんがフォローしたんだけど、皆「あの娘が絶対お金盗ってるよ、怪しい」って噂するようになって
それでは私がお金預かって新入社員と一緒に買い出しに行きますって事になったんだ。

24: 本当にあった怖い名無し 2007/09/11(火) 06:29:20 ID:mUGo/tUGO
その娘からよく話を聞くと、お金はポーチに入れて引き出しに閉まっておいた。
カオリさんが隣の席だから大丈夫だと思って鍵もかけずに席を立ってしまった。
で帰って来たら無かった…。

私は思い出した。
私が新入社員だった頃、買い出しに行く時カオリさんだけ「立て替えといて」
って言って、いつもお金をくれなかった事。いまだに返して貰って無いけど なんとなく言えない事。
ピアスを付けてたらカオリさんに注意されて、外して引き出しに閉まって置いたら無くなってしまった事。


それで私より少し早く入った先輩(仮名メグさん)にその話をしてみたら
「実は私も…」
メグさんはカオリさんにどうしてもと言われてお金を貸したんだけど、今も返して貰ってない。
お財布のお金が無くなった時があってすぐにカオリさんに話したら
今から上司に言って防犯カメラつけて貰うように話してあげる!!
って怒ってくれたのにいまだに上司からは何の連絡も無い…


結局 新入社員はその後すぐ辞めて、メグさんもカオリさんの事を上司に話してお金を返してもらって辞めて
私も結婚するといって辞めてしまった。

76: 本当にあった怖い名無し 2007/09/11(火) 23:06:06 ID:/8FNQ4Is0
後味っていうか切ない系だけど 明智抄 「砂漠蛙」

ある女が、水汲みの帰り道で水溜りを見つけた。
乾季なのに、まだ蛙になりきれないおたまじゃくしがうごめいていた。
優しい女は持っていた水を足してやり、次の日からも毎日水を足してやった。
「私が子供を産んで通えなくなるまでには蛙になるんだよ」女は身ごもっていた。
月満ちて女は女の子を産んだ。季節はずれの雨が降って、女は蛙たちも大丈夫だと喜んだ。

女はその娘・シズクと幸せに暮らしていた。
ところがある日、村は戦乱に巻き込まれた。女はシズクを逃がしたが、矢に射抜かれて死んでしまう。
シズクは山の中を彷徨っている所を兵士に保護され、別の町の家に子守として雇われた。
シズクを引き取った家の奥方は、自分の娘チェチェロには非常に過保護で、シズクには辛く当たった。
チェチェロもまた大変我侭な娘だった。

ある日、シズクとチェチェロの前に、陽気に踊る不思議な蛙が現れた。
実はこの蛙はシズクの母の生まれ変わりだった。蛙たちを助けてくれたお礼に、99年生きて神通力を
得た蛙が、蛙に限って五度の命を授けてくれたのだ。母は蛙の姿でなんとかシズクの手伝いをしようとしていた。
だが、チェチェロは面白がって蛙を握りつぶしてしまう。

次に母蛙が転生してシズクを見ると、シズクは片足をなくしていた。チェチェロが川に落ちた責任を取らされて、
奥方に片足を切られてしまったのだ。
「川に行かないで。また足を切られちゃうし、今度は助けてあげられないのよ」
シズクは懇願するが、チェチェロはシズクがびっこを引いているのが面白い、両脚がなくなればもっと面白い?
と残酷なことをいう。母蛙はまた踊りで気を引くが、今度は鳥に食われてしまう。

三度おたまじゃくしになった母がシズクを心配していると、やつれ果てたシズクが水辺にやってきた。
そして水を飲もうと水面に近づき…そのまま事切れてしまった。
シズクは両脚をなくしていた。その傷が元でシズクは衰弱してしまっていた。
奥方はほんの僅かなチェチェロの怪我を責めてシズクの足を切ってしまったのだ。
奥方はろくな弔いもせず、行き倒れ用の穴にシズクの遺体を放り込むように言う。

77: 本当にあった怖い名無し 2007/09/11(火) 23:07:02 ID:/8FNQ4Is0
母蛙が生きる意味は無くなってしまった。
だが、もう生きたくないと食も絶ったのに、おたまじゃくしから蛙へ成長していく。
その頃、川では魚が次々と死に始めていた。
母蛙は鳥に攫われ、これで死ねると思った。ところが、母蛙をくわえた鳥が突然苦しみだして死んでしまう。
母蛙の悲しみと絶望はいつしか強力な毒になっていた。

蛙の毒は謎の奇病とされ、町は封鎖されようとしていた。
奥方が兵士に文句を言っている側で、チェチェロは母蛙を見つけて踏み潰した。
チェチェロは足から毒で腐り、死んでしまった。驚いて逃げようとした奥方も蛙をふんでしまい、
同じように苦しみ悶えて死んだ。

毒は広がり、人々は生活に困り始めた。母蛙が原因と知った人間は母蛙を矢で撃つが、蛙は死ねない。
もっと沢山の武器があるところなら死ねると、母蛙は戦争をしているところに出現するようになった。
巨大になった母蛙はどんな武器でも死ねず、周りの生き物だけが死んでいった。

地上の4/5が砂漠になった頃、国同士はようやく戦争をやめることにした。
母蛙は地中で眠りにつき、人々は平和の神として蛙の像を建てた。
母蛙が人間として死んで900年たったころ、あの神通力を持った仙人蛙は新たな力を手に入れた。
仙人蛙はただ女に恩返ししたかっただけだったのに、未熟だったばかりにこんなことになってしまって…と、
母蛙の絶望と苦しみを全ておたまじゃくしに変えた。おたまじゃくしが蛙になり大地を歩くと、
毒が消えそこから緑が芽生えた。

こうして人間と蛙は再び栄えた。
人間は栄え、そしてまた戦争をした。

千年後、今度は蛙も人も残らなかった。

80: 本当にあった怖い名無し 2007/09/11(火) 23:46:48 ID:4Bb0aMbh0
>>76
後味悪い通り越して面白すぎ。
ちょっと買ってくるわ。

82: 本当にあった怖い名無し 2007/09/12(水) 00:19:40 ID:iyqH4DRmO
>>76
面白かった!乙です

85: 本当にあった怖い名無し 2007/09/12(水) 01:53:55 ID:9yuoORZ60
>>82
おもしろかったよー
俺も本買ってみる

103: 投下 2007/09/12(水) 17:39:35 ID:QsYZhtVPO
マガジンに連載されてたマイナー漫画から。分かりにくかったらすまん。

この話は紙面を上下2つに分割し、2つのストーリーが同時進行で進むという構成。
構図も台詞も上下段で被る様に描かれている。
上の漫画は美味しんぼのパロディ。軽いタッチで、描かれておりギャグ漫画テイスト。
一方下段の漫画は劇画調でありこちらが作者本来の画風に近い。

104: 投下 2007/09/12(水) 17:43:27 ID:QsYZhtVPO
・上段の話。
ホームシック気味の同僚を元気づけようと計画する、AとB(山岡と栗田のパロディ)
コネを使い、とある料亭から幻の魚をもらい、同僚に振る舞う。
元気が出て来た同僚に、更に「会わせたい人がいる」とBが連れて来たのは、遠距離恋愛中の同僚の彼女。狂喜する同僚。
「あの魚のおかげね」、ほのぼのと呟やくB。
後日、晴れて二人は結婚、教会でそれを優しく見守るAとBが描かれEND。

・下段の話
寂れた町工場で働く中年夫婦。経営は苦しかったが、借金を肩代わりしてくれる人物Cが現れる。
明日の接待さえ、成功すれば、娘を高校に行かせてやれる……感無量の両親。
翌日の接待で、夫はCをとある料亭に連れていく。そこで前々から予約していた幻の魚を出して欲しいと頼むが、店の主人は「急な事情で出せない」という。
必死の頼みも空しく「無いものは無い」と突っ撥ねられ、Cは機嫌を損ね肩代わりの話はなくなる。
工場に押しかける借金取り。ボコボコに殴られ死にかけの夫婦に更に「会わせたい人がいる」と借金取りが連れて来たのは、夫婦の娘。
泣き叫びながら借金のかたに連れていかれる娘。外国に売り飛ばすという借金取り。
「あの…魚のせいで…」、呆然と呟やく妻。
後日、夫婦は首を吊っていた。木にぶら下がった二人を見て悪態を吐く借金取りが描かれてEND。


ラストのコマ、上は揺れる鐘、飛び立つ鳩、笑い会う二人、というのに対して
下段が揺れる二つの死体、死体を貪るカラス、連帯保証人の話をする借金取り……
子供の頃少し鬱になった。

105: 本当にあった怖い名無し 2007/09/12(水) 18:11:56 ID:hlk+fKyE0
>>104
お、おもしろそうーー
読んでみてぇーー

157: 本当にあった怖い名無し 2007/09/13(木) 16:25:01 ID:c047gsO3O
昔のレディコミに載っていた作品。

舞台は高校(中学だったかもしれない)。
愛美(仮名)は綺麗で誰もが憧れるような女の子。
でも、その為にみんなからちやほやされるので高飛車。
特に男子からの人気が凄い。同じクラスの幸司(仮名)も例外じゃなく愛美のことが好きだった。
だけれどこの幸司は顔は不細工で性格もなよなよしていた為、
クラスの中でいじめられっこになるような男子だった。
そんな時、愛美が心臓の病気にかかり入院することになった。
人気者の愛美の周りにはひっきりなしに男子達が花束を片手にお見舞いに現れていた。
しかし愛美の病気は思ったより深刻で、移植が行われなければ命が助からない状態に。
症状が進むにつれて愛美の容姿も劣っていき、その頃には見舞う男子もいなくなっていた。
毎日届く一束の花を除いては。
ドナーが見つからないことを知った幸司は自分がドナーになることを思いつく。
ドナー登録をした幸司がもし自分がなにかの事故で死んだ際には愛美に心臓を提供してくれるよう医者に頼む。
その後見事に事故にあった幸司の心臓は愛美に移植され、愛美は元通り元気になる。
他の男子が自分の周りから消えた後も看護婦を通じ花束を届け続けていた男の心臓だと聞いた愛美は
その自分の命を助けてくれた人だけを大切に思い生きていこうと決心する。
その後、愛美は再び学校に通うようになり、そこで幸司が死んだこと、
そして自分の心臓は幸司のものだという事実をしる。
自分の救われないはずだった命を助けてくれた人が愛しくて仕方がない。
だけれどこの心臓はあの幸司の心臓。
「あんな奴のことを一生好きでいるなんて嫌あぁぁあ」
そう叫び愛美は自分の心臓をえぐり出して死んでしまう。

159: 本当にあった怖い名無し 2007/09/13(木) 16:28:31 ID:gyQne9M90
>>157
何もえぐりださんでも・・・・・
幸司カワイソス

160: 本当にあった怖い名無し 2007/09/13(木) 16:33:42 ID:9v/j3TLT0
>>157
女、そこまでwwwwwとむしろ清々しさを感じるほどのDQNwww

>その後見事に事故にあった幸司

ひでえwwwwww

162: 本当にあった怖い名無し 2007/09/13(木) 16:39:38 ID:TB/sz67G0
>>157
その女は男塾に入れるぐらいに漢らしいな!!
自分の心臓をえぐりとれるなんて!!
そこまで突っ走れると、もうすがすがしい。

208: 本当にあった怖い名無し 2007/09/14(金) 02:14:17 ID:o9cMJ9K00
ブラックジャックの話題になってるのでついでに投稿してみる。

ある親子がいて、そこの息子(たしか小学生くらいかな)が重い病気にかかってて、
すぐ手術しなければならない。しかも例によって難しい手術らしく、
頼めるのはブラックジャックだけ。
ブラックジャックはいつもどおり手術料2千万円を要求するが、
そこの親は支払い能力があるにも関わらずドケチな性格だったので、
ブラックジャックにもっと安くしろとばかり要求してくる。

いつまでたっても手術が始められないので、ブラックジャックはむこうの要求を承諾する。
そして診察に入るわけだが、腎臓のドナー提供が必要だということが判明。
親の腎臓なら問題ないから、両親のうちどちらかの腎臓を提供してくれと依頼する。
子供はもう1分を争う危険な状態なので、はやくしてくれと言うブラックジャックだったが、
ドケチな父親は腎臓提供するならもっと手術料安くしろと言いはじめる。
そうこうしているうちに子供は手遅れに・・・。

ラストシーンは一人部屋にこもって、
自責の念にかられてうなっているブラックジャックとそれをドアの隙間から見つめるピノコ

BJはハッピーエンドにならないパターンが多いから好き

209: 本当にあった怖い名無し 2007/09/14(金) 02:44:51 ID:GIQu4TA2O
>>208
その話読んだ時、クソ親父にムカついたなー。
子供が可哀相だった。

210: 本当にあった怖い名無し 2007/09/14(金) 04:57:31 ID:AvKKpaYPO
ブラックジャックといえば、手塚の息子が親の名作をことごとく改悪して
世に放っているのが後味悪い

213: 本当にあった怖い名無し 2007/09/14(金) 07:55:25 ID:yNy2epuk0
>>210
便乗すると、ファンだった漫画家にヘコヘコさせてる娘も不快

231: 本当にあった怖い名無し 2007/09/14(金) 19:58:09 ID:XUcwk6tH0
おぉ、BJネタが出てることに感動した。
じゃあ便乗して俺も投下するよ。
うろ覚えなんだけどね。

手術の依頼が来て、依頼人の元へ足を向けるBJだが、
町を経由して依頼人の元へ行く途中、何人かの兵士たちに止められる。
確か冷戦状態かなんかで、この町から依頼人の町へは行けないのだと言う。
しかしBJはそのままごり押しでいこうとするが、兵士たちに撃たれたりなんやかんやで
雪の上に突っ伏して倒れてしまう。

気がつくと、小屋の中にいた。小屋の少女から食事をもらうが、なぜか少女はこちらを向かない。
何故かと問うと、彼女の口は生まれつきの病気で、常に横に引っ張られたような状態で
「あたしの顔を見せたら食う気を無くすから」なのだという。
彼女は町に下りるといつも苛められて、この小屋に住む他が無いと言う。
そしてBJは自分と同じように醜い部分(顔の縫合のあと)が残っていたから助けたのだと。

BJは助けてくれたお礼にと、彼女の口を常人の口に直してあげる。
少女は狂喜して、BJに感謝すると、早速外へ出て花や小鳥に「私きれいでしょ?」と問いかける。
しかし段々それにも飽きてきた彼女は、下町に降りて顔を見せたいという。
BJは、町に下りれば兵士たちにたちまち銃殺されることを知っていたので、駄目だと言う。
だが、ある朝BJが起きると机に「一日だけ町に下ろさせてください」と書置きが残してある。

BJは諦めた様に町の方向を向いて、「やることはやった」と小屋を去る。
そして兵士が望遠鏡で彼女を見つけ、ラストのコマで銃声が鳴り響く。

232: 本当にあった怖い名無し 2007/09/14(金) 20:40:30 ID:Ok3C7VCL0
BJはほとんど後味悪いラストなんだから
挙げだしたらキリがないんじゃないのかな
と心の中で思った

234: 本当にあった怖い名無し 2007/09/14(金) 21:04:49 ID:0ypsXLHH0
作者忘れたけど「少女」ってタイトルの小話。

主人公は金のない冴えない中年男性である日、セーラー服の少女に声をかけられる。
しばらく話をしていると突然少女から「おじさん、私と寝ない?2万…いや、1万でどう?」と言われる。
正直1万円でも払うと苦しい状況だったが元々ロリの気があったのと、少女がそれなりに可愛かったので寝ることに。
事が終わった後、「どうしてこんなことをしているのか?」と少女に尋ねると「復讐…かな」と答えられる。
そして金のない主人公は少女がシャワーを浴びている隙に少女の財布から2万円を抜き逃げた。
後日、主人公の下へ警察が来る。
買春がバレたのではなく、少女から盗んだ金を使用したらそれが強盗事件で獲られたものだと判明したからだという。
突然強盗事件の容疑者にされ戸惑う主人公は仕方なしにありのまま真実を警察に話した。
事実確認のため警察が少女に事情聴取をするが演技派な少女に否定され主人公は容疑者のまま。
しかししばらく拘留された後、真犯人が判明。
少女の母親はほぼ日常的に売春をしており、強盗犯が母親と寝たときに獲った金を使用したということだった。
そこから辿ると少女は主人公の証言を全面的に認めたという。
主人公が「俺は強盗には関与していないが少女の金を盗んだ。お咎めはなしですか?」と警察に尋ねたところ
「少女はあの2万円をもとから君に払うつもりだったそうだ。
彼女がいうには君を1万円で買ったが思ったより良かったので2万円にしてやる、だと」
少女が復讐したかったのは女に値段を付けて買っている世の男達だったのだ。

237: 本当にあった怖い名無し 2007/09/14(金) 21:33:39 ID:amxJ2xiIO
>>234
自分も作者名は忘れたけど読んだことあるよ
最後刑事が諦めたように「少女が男を買ったとしても我々には裁けないのです」みたいに言ってたよね

242: 本当にあった怖い名無し 2007/09/14(金) 22:57:36 ID:pN8l63VR0
>>234
確か連城三紀彦
奥田瑛二が映画化してるけどあらすじを見るかぎり
全然違う話になってる

265: 本当にあった怖い名無し 2007/09/15(土) 23:06:59 ID:UFQ0wmb00
実話か都市伝説かつかこうへいの作り話かわからないけど、
昔、子供にチョコレートを配り歩いてるおばあさんがいて、
子供たちは喜んでそれを受け取ったんだけど、
そのチョコには下剤だか嘔吐剤だかが仕込まれていて、
食べた子達はえらいことになった
その話が広まっている状況で、ある小学生の男の子が
バスでおばあさんに席を譲ってあげた
するとおばあさんは降り際に 「ありがとうね」 と言って
小さなチョコレートの包みを差し出した
男の子は困惑し、受け取ることができずにいると、おばあさんは
「毒が入っていると思っているのね」
と言ってその子の目の前でそのチョコレートを食べてしまった
そして笑いながらバスを降りていった

このおばあさんが毒チョコ犯なのか不明だけど、
もしそうでなかったとしても、男の子の心情を思うと
やり口のえげつなさは異常だ…

266: 本当にあった怖い名無し 2007/09/15(土) 23:11:58 ID:SfS1p0kM0
>>265
乱歩の小説を流用したネタだろうなあ。

273: 本当にあった怖い名無し 2007/09/16(日) 02:38:09 ID:R3x486iK0
>>265
噂のことを知ってたおばあさんが男の子を困惑させようと、わざとチョコレートを
お礼に差し出したってこと?

276: 本当にあった怖い名無し 2007/09/16(日) 03:33:46 ID:pPA/tGxX0
>>273
困惑させるというだけでなく、目の前で食べて見せて
毒なんて入ってないのに…と見せつけることで、
疑ったことへの罪悪感も強く植えつけたと思う。
最悪のばばあだね。

285: 本当にあった怖い名無し 2007/09/17(月) 00:07:03 ID:C7v6tBWP0
子供に親切にされる→ばあさん感激→何かお礼を
→チョコレートがあったはず→これどうぞ→子供受け取らない
→何でだろ?あーあの事件のせいか→このチョコは安全なんだけどな(´・ω・`)
→とりあえずその証拠に自分でパク→ごめんね変な心配かけて
→子供「おばあさんに悪い事したな(´・ω・`)」
→お互い後味わるー

288: 本当にあった怖い名無し 2007/09/17(月) 00:43:30 ID:MmN9/D4dO
漫画BJネタから。
シル国とシラヌ国は長年戦争を行っていて、そのどっちか忘れたけどBJがやって来た。
依頼主は母と息子二人暮らし、息子は重度の椎間板ヘルニアでずっと寝たきりだった。母親は1日でも早く病気を治してもらってお国の為に戦いなさいと息子に言う。

手術の日も決まったある日BJが息子の様子を見に行くと母親が息子をベッドからおろし無理やり歩かせようとしていた。BJは「そんな無理に歩かせたら一生寝たきりになるぞ!あんたは本当に息子を助けたいのか?とても母親のする事じゃない!」と言うが、

国の為に戦わない息子が不甲斐ない。情けないと罵声をあげる。そして手術前日息子の部屋に行くと母親が息子を又歩かせようとしていた。そこでBJは異変に気付く、いつも家の中だけ母の態度が変わるのだ。BJが壁を叩き、ナイフで抉るとそこには盗聴器が。
途端に泣き崩れる母親。親子は国から盗聴されていたのだ。母親は息子を戦争に行かせたくない一心国から目をつけられているのでわざ罵声をあげ、息子に無茶をさせていたのだ。

母親の本心を知った息子は母の苦しみを知り、これ以上母に辛い思いはさせまいと手術を受ける。
見事に手術は成功。リハビリの後歩けるようになる息子。しかし当然国から徴兵の手紙が届く。
息子よ行かないでくれと泣き縋る母に「大丈夫。僕は必ず生きて帰ってくるよ」
と言い、家を後にする息子。

ラストのコマで、密林の中横たわる息子。「その後息子は二度と家に帰る事はなかった。戦争の最前線に立たされ敵の銃弾を受け死んだ。皮肉にも弾が当たった場所はBJが手術した場所であった……」

298: 本当にあった怖い名無し 2007/09/17(月) 13:38:39 ID:+/afEx6L0
BJだと超能力のある少年の話も後味悪かったとうろ覚えてる。
病気で寝たきりの少年は念動力を持っていて、
実の母親にも気味悪がられている。
医者が治療に来ると、念動力を使って邪魔をしたり怪我をさせたりする。
そんな少年をBJが捨て身で説得して手術をする約束をする。
少年の力は手術をして体が動かせるようになれは、
自然と消滅するだろうと母親に説明するのだが、
少年の超能力を調べていた偉い博士かなんかが、
とんでもないことだと反対して、
BJをインチキのモグリだと母親に吹き込む。
それを影で聞いていた少年は動揺して力を暴発させてしまう。
少年の家を中心に原因不明の事故が発生し、
交通が麻痺している中を、BJが手術をするためにたずねるのだが、
母親があなたみたいなモグリの医者に息子を任せるわけには行かないとつっぱねる。

最後項垂れて少年の家を後にするBJが描かれておしまい。

少年の超能力を調べたい人が邪魔して、
今後も少年は治療され無いんだろうと考えると後味悪い。

303: 本当にあった怖い名無し 2007/09/17(月) 20:04:43 ID:jsytGmV80
>>298
それ、母親が馬鹿でイライラするんだよな。

302: 本当にあった怖い名無し 2007/09/17(月) 19:46:35 ID:wuNdfTrh0
ウルトラマンで思い出したけど、一匹の地球を襲ったバルタン星人のせいで
星がなくなって宇宙を彷徨ってた20億人のバルタン星人もウルトラマンに倒されたらしい。

304: 本当にあった怖い名無し 2007/09/17(月) 21:16:18 ID:ko2yiXOT0
>>302
真実はもっと後味が悪いぞ。
バルタン君は、「宇宙船が故障なんで部品ください」って当初言ってたんだ。
しかし、彼はDQNだったんで冷凍睡眠中の仲間の意志も確認しないで勝手に
地球移住を宣言。
これに対して地球側が「そんなに、すごい科学力があるなら火星へ住んだら」って
提案したら、
DQN君は「火星には苦手な巣ペ死有無があるから駄目なんだよ」と逆ギレして侵略開始。
結果、地球人傷害致死犯の初代ウルトラマンの巣ペ死有無光線であぽーん。
冷凍酢明中のバルタンたちは、「毒を食らわば皿まで」とキレたウルトラマンによりホロコースト
されたっていう超後味の悪い話。

313: 本当にあった怖い名無し 2007/09/18(火) 01:20:51 ID:oILug1Xe0
初心者におすすめ元気が出る映画

ミリオンダラーベイビー:女版はじめの一歩。ボクシングで成り上がるサクセスストーリー!!
ダンサーインザダーク:弱視の女性と息子との日常を描いたほのぼの感動作!!
ジョニーは戦場へ行った:戦争でのランボーの如きジョニー活躍を描いた痛快アクション!!
レクイエムフォードリーム:夢見がちな4人の若者の生活を描いた笑える能天気コメディ!!
ディアハンター:鹿狩りのオラが戦争に連れて行かれただ、田舎の男たちが巻き起こすはちゃめちゃ大騒動!!
震える舌:娘が風邪をひいた!?お父さんと娘の爆笑闘病記!!
ソナチネ:沖縄の大自然を描いた心洗われる感動作!!
真夜中のカーボーイ:田舎から出てきたカーボーイが都会とのギャップにドジするコメディ!!
ジェイコブズラダー:ジェイコブが梯子に登るただそれだけの作品!!
ファニーゲーム:凸凹コンビが幸せな家族に巻き起こす大騒動コメディ!!

314: 本当にあった怖い名無し 2007/09/18(火) 01:37:33 ID:zvAXACMB0
>>313
バロスwww
なんてハイクオリティなラインナップ。

324: 本当にあった怖い名無し 2007/09/18(火) 14:53:12 ID:YxFoI6Oa0
>>313
テロリストと戦う不屈の大学教授!!
とか言って「隣人は静かに笑う」も入れてほしい

454: 本当にあった怖い名無し 2007/09/23(日) 23:09:57 ID:+aLNAHTV0
>>448
ディレクターズカット版は最後が全く違うんだよ。
過去ログより転載。

847 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2006/06/30(金) 05:58:08 ID:t28LUfz70
エヴァンは母親に日記を差し入れてもらい、13歳に戻る。
トニーがケイリーとの仲を引き裂くために、エヴァンの愛犬を焼き殺そうとするのを止める。
しかしエヴァンの計画は歯車が狂い、トニーは殺され、
トニーを殺してしまったもう一人の幼馴染の少年レニーはショックで廃人に、
ケイリーは顔に大きな傷を負い、場末のホテルで薬漬けの売春婦になっていた。
エヴァン自身はほぼ元の生活に戻ったが、脳に大きなダメージを追っていた。
短期に40年分の情報が脳に書き込まれた為だった。

再び13歳に戻ったエヴァン。
悪戯で仕掛けたダイナマイトの爆発で近所の主婦と赤ちゃんが死ぬのを阻止した。
それがきっかけでトニーは更生し慈善活動に没頭、ケイリーはレニーと付き合い、
幸せな生活を手にいれたが、エヴァン自身は爆発で両腕を失い、車椅子の生活を送ることになる。
息子の身を案じるあまりストレスでヘビースモーカーになった母親は肺がんで余命幾ばくもない。
もう一度爆発を止めようとするが、腕を失ったことでそれ以降の日記がなくなってしまった。

腕を失う前の7歳の日記で過去に戻り、ダイナマイト自体を消してしまおうとするが、
今度は誤ってケイリーを爆死させてしまう。
エヴァンは精神病院に拘束され、日記そのものを付けていない。
医師には、日記はエヴァンの妄想だとまで言われてしまう。
そして、エヴァンの父親もありもしないアルバムを探していたという。

既に脳の損傷が限界に近づいていることを知ったエヴァンは、
母親にホームビデオを持ってきて欲しいと頼む。
ビデオは、エヴァンの出産を控えた母親を父親が撮影したものだった。
エヴァンは母親の胎内に戻り、へその緒を首に巻きつけた。
そして、生まれてこなかった3人の兄も同じように自ら命を絶ったことに気がついたのだった。

455: 本当にあった怖い名無し 2007/09/23(日) 23:48:57 ID:MqAOj7xh0
>>454
そうだったのか・・。
確かにDVDのオマケにアザーエンディングみたいなのがあって
最後に主人公がヒロインと出会って
「二人の運命は再び動き出す」的なエンドも用意されてたみたいだけど。
そういう結末もあったんですね。
まぁあんま後味悪くないから他のネタ投下待ちます。

ちなみに
エヴァン=主人公、トニー=ヒロインの兄、ケイリー=ヒロイン
レニー=どこにでもいるスタンドバイミーのバーンみたいな子。


328: 本当にあった怖い名無し 2007/09/18(火) 19:42:42 ID:LgtFeML30
「トゥルーマン・ショー」

とある小さな島シーヘブンにある平和な町で、
ごくごく平凡な毎日を送るサラリーマンのトゥルーマン。
妻と2人暮らしで、父親は子供の頃に水難事故で亡くしている。
それがトラウマとなり、水辺に近づくことを恐れている。

トゥルーマンには学生時代に忘れられない女性がいた。
その女性シルヴィアからトゥルーマンは謎の言葉を聞く。
「あなたの人生は本当の人生ではなく、作り物だ」と。
そこに彼女の父親が現れ、彼女は精神を患っており、
フィジー島へ療養にいくと言って彼女を連れ去った。

トゥルーマンは、密かに彼女に会いにフィジーへ行く計画を立てるが、
妻や町じゅうの人々が何故か自分の行く手を阻もうとする。
それだけでなく、自分は常に監視されているように思い始める。

ある日、町で死んだはずの父親を見かけるが、何者かに連れ去られる。
トゥルーマンは後を追おうとするが、また町の人々が行く手を阻む。
やはり自分は何かの陰謀に巻き込まれていると確信する。
幼馴染の親友に相談するが、気のせいだと諭され、
何故かいきなりトゥルーマン父親を連れてきて、感動の再会を果たす。

329: 本当にあった怖い名無し 2007/09/18(火) 19:43:54 ID:LgtFeML30
実は、シーヘブンはハリウッドにある巨大セットで、
妻も親友も町の人々もすべて俳優やエキストラだった。
俳優の行動やせりふはもちろん、天候や太陽の動きまで
すべてはプロデューサーの指示で動いている。

トゥルーマンは生まれてくることを望まれない子供で、
TV局が養子契約を交わし、出産の瞬間から今まで、
24時間すべての行動を隠しカメラで全世界に中継されている
人気TVショーの主人公だった。それを知らないのは本人だけ。

成長にしたがって、外の世界に興味を持ち始めるトゥルーマン。
シーヘブン(セット)から外に出さないために、
父親役を水死させて、水に恐怖感を持たせるように仕向けた。
(父親の再登場は、番組を降ろされたことに不満をもちセットに紛れ込んだため)
エキストラの女子大生だったシルヴィアも、
トゥルーマンに真実を知らせたことで番組を降ろされていたのだった。

一見、平静を取り戻したかに見えたトゥルーマンだったが、
TV局のスタッフがカメラから目を離した隙に、どこかに姿を消してしまう。
スタッフはエキストラを総動員してセットの中を隈なく捜すが見つからない。
残るのは島の周囲を囲む海だけ。プロデューサーは海へとカメラを向ける。

そこにはボートで島から出ようとするトゥルーマンの姿があった。
プロデューザーは船旅を諦めさるために、嵐と高波を起こしボートを転覆させようとするが、
どうしても島の外に出たいトゥルーマンの気力に負け失敗に終わる。

330: 本当にあった怖い名無し 2007/09/18(火) 19:44:50 ID:LgtFeML30
どこまでも続く青い空と水平線。と思った瞬間、ボートが何かにぶち当たる。
それは空と雲の書割の描かれたセットの壁だった。壁を伝っていくと出口を見つける。
呆然とするトゥルーマン。カメラ越しにトゥルーマンに語り掛けるプロデューサー。
我が子のように見守ってきたこと、作り物の世界にこそ真実があること、
そして恐怖で外に出ることができないであろうと。
しかしトゥルーマンはカメラに向かいにっこり笑って一礼すると、出口から出て行った。

その様子は中継され、世界中が感動に包まれた。
次の瞬間、視聴者はTVガイドを手にとっていた。

332: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19(水) 00:01:38 ID:bnX/KhCX0
>>329-330

ブラックさよりありえなささが強すぎる気がするが
それはきっと実際に映画を見れば気にならないことなんだろうな

343: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19(水) 07:55:38 ID:1XNuhBfx0
弘兼憲史「ハロー張りネズミ」より

男は息子・娘と三人でのドライブ中事故に遭い、娘が崖から転落して死亡する。
その後失踪したその男が、失踪後に関係を持った女を撃ち殺し崖から落とした容疑で
指名手配になっている事を知った妻は探偵である主人公に捜査を依頼してくる。

男は事故の時、崖にぶら下がる自分にしがみつく息子と娘のうちどちらか1人しか
助けられないと思い、娘を振り払い死なせた事がトラウマになっていた。
付き合っている女が偶然崖から落ちそうになった時、それがあの時しがみついてきた娘に見え
おそろしくなって撃ったのだった。

探偵の捜査により、その男が今度は息子を殺すために帰ってくる事がわかった。
娘と息子を天秤にかけ息子を選んだのが不公平だというのだ。
まんまと息子を連れ出した男だが遊園地の観覧車で警察に撃ち殺される。

男を焼く火葬場の煙突を見上げて妻は
「今、娘が天国から迎えに来てるの。本当に嬉しそうに2人は再会してるわ」
空に手を取り合う娘と男の姿が見える。

何が後味悪いって、自分の勝手な考えで子供の命を好きにしようとする男なのに
何をいい話的にオチつけてんだ…って事

344: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19(水) 08:12:47 ID:0XuxlmXY0
>>343
でもそれは不幸な事故によって心の病気になっただけだから仕方ない。

という考えかたも世の中にはある。

351: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19(水) 13:35:00 ID:IbOojE0f0
>>343
ハローハリネズミってタイトルだけ知ってたけどそんな話だったのか

頭おかしくなって自分の息子を殺しにきた夫にそう言ってあげられる奥さんに涙

355: 1/4 2007/09/19(水) 15:56:13 ID:w6o+xwI00
渡千枝の漫画「午前二時のデッドゾーン」

ある名門女子高校に仲良し4人組がいた。4人は寮の部屋も同じ。
しかしその中の一人、瑛子が自殺する。実は仲良しというのは表向きで
実際瑛子は他3人からいじめられていたのだった。原因はリーダー格の小夜子の
彼氏に横恋慕したからであった。いじめの証拠は無く3人は何のお咎めも受けなかった。
しかし3人の寮の部屋に奇妙な貼り紙がされる。そこには悪魔の絵とともに
小夜子・理絵・真弓、と3人の名前が書かれていた。そして名前の上には大きな×が。
たちの悪いいたずらだと一笑に付す小夜子と理絵だが気の弱い真弓は恐ろしくなる。

そんな時転入生れい子がやってくる。なんとその子は自殺した瑛子にそっくりだった。
驚く3人だったが名字も性格も全く違う彼女に安心しやがて打ち解ける。
れい子は3人と同じ寮に入りまた4人の生活が始まった。ある晩退屈している4人は
何かおもしろいことはないかと思う。れい子の提案であるゲームをすることにした。
学校の地下室にある古い鏡の前に行き午前二時に「私の死に顔を見せてください」というと
自分の死に顔が映るというもの。れい子は鏡を支える役割を負い結局残り3人が鏡の前に
立つことになった。3人一度に呪文を唱える。半信半疑の3人だが小夜子の絶叫が沈黙を破る。
騒ぎに先生まで駆けつけ学園は騒然となるが小夜子は頭を抱えてうずくまったまま顔を上げない
小夜子は何を見たのか。恐れおののく真弓に理絵はこう言い放つ
「あんなデク人形みたいなのが自分だなんて信じられないわよ。ばかばかしい」
そして真弓もまた見てしまった。自分の無残な姿を。しかしそれはあまりにも非現実的であった。

356: 2/4 2007/09/19(水) 15:57:02 ID:w6o+xwI00
もうすぐ夏休みが近づこうとしているのに小夜子は日に日にやつれていった。
とうとう授業にも出てこなくなり寮の部屋に立てこもる。夏休みで学園には
誰も居なくなるのにどうするの?と説得するれい子たち。しかし小夜子は
「絶対にここから出ない」と泣き叫ぶ。らちが明かないので小夜子の彼氏を
呼び説得した「夏休み、一緒に旅行へ行くって約束したじゃないか!」
彼氏の呼びかけでやっと小夜子は出てきた。ほっとするれい子たち。
旅行に向かう小夜子を3人は笑顔で見送った。小夜子が3人と別れた直後である。
大型トラックが小夜子をはねた。手足がちぎれ内臓が飛び出し血まみれの無残な姿だった。
悲嘆にくれる理絵と真弓の元に気味の悪い封書が届けられる。それはあの
気味の悪い悪魔の絵。そして小夜子、理絵、真弓の名前。小夜子の名前の上には
大きな×が書かれていた。まるで一人一人消すことを宣言するかのように。

3人は無事高校を卒業し、みな大学へ進学した。大学卒業を間近に控え一番最初に
理絵の結婚が決まる。れい子と真弓は祝福した。理絵の新婚旅行の際は
空港まで見送りに行った。幸せいっぱいの理絵。そこにお祝いの花束を預かった
添乗員がやってくる。花束を受け取る理絵「誰からかしら?」カードを見る。
「結婚おめでとう、理絵。私も結婚式に行きたかったわ。―瑛子―」

357: 3/4 2007/09/19(水) 15:58:22 ID:w6o+xwI00
「瑛子!?たちの悪いいたずら!!」理絵はぞっとした。そしてあのときの
光景を思い出した。午前二時に鏡に映った自分の姿。まるで飛行機事故で死亡した死体のような・・。
恐ろしくなる理絵だがもう遅かった。飛行機は空港を発っていた。

翌日の新聞を見て真弓は絶句する。理絵の乗った飛行機が墜落。理絵が死亡したと。
真弓はあのときの言葉を思い出した。「あんなデク人形みたいなのが自分だなんて信じられないわよ」
次は私?真弓の脳裏にあのときの光景が浮かんだ。ぼろぼろの汚い部屋で
がりがりに痩せこけた老婆が苦しみもだえ倒れ、そばをネズミが這いまわっている光景を。
そして母親が真弓に郵便物を持ってきた。またあの手紙だった。悪魔の絵と名前
今度は理絵のところに×印があった。残るは私だけ。

真弓は結婚し子供をもうけたがどうせ幸せを築いてもあの最期を思うとやりきれない気持ちだった。
息子夫婦と同居するも嫁は「お義母さんいつ出て行ってくださるの」と夫にぼやくのだった。
結局真弓は木造のボロアパートで独居老人となる。そこに上品な身なりの女性がやってくる
女社長となっていたれい子だった。真弓は驚いて迎え入れた。懐かしさでいっぱいになる。
しかし予期せぬものを見せ付けられた。れい子が「呪術」とかかれた本を真弓に差し出す
そこには見覚えのある絵が書かれていた。あの気味の悪い悪魔の絵。
瑛子の自殺直後、そして小夜子と理絵が死んだときに舞い込んできたあの手紙。
「あなただったの!?」真弓はれい子に詰め寄った。「あなた方のせいよ!!」れい子は
怒りをあらわにした。「私のふたごの妹、瑛子を自殺に追いやったあなた方に復讐するために
鏡を利用したのよ!」あの午前二時のゲームだった。

358: 4/4 2007/09/19(水) 16:01:15 ID:w6o+xwI00
瑛子は両親の離婚でれい子とは離れ離れになり、名字も違ったがお互いを思いやるいい関係だった。
瑛子が死ぬとき日記帳をれい子に託した。それを読みれい子はいじめの事実を知る。
そして復讐を思い立ったのだった。「私が罰をくださなければ誰が妹のかたきをうてるの」
それを聞いて真弓は言った「じゃああなたは?あなたはどうなの?
あなたのやってきたことはどうなのよ!あなたもその目で確かめるべきだわ。」真弓は鏡を指差した。
午前二時のあのゲーム。「馬鹿馬鹿しい」そういうながらも「それであなたの気がすむなら」と
れい子は鏡の前に立った。「この年まで生きてきてもう怖いものなど無いわ」
しばらくして目を開けた。鏡には何が映ったのか。れい子は真っ青になった。
何も映っていなかったのだ。「それが答えよ、れい子」真弓は冷たく言い放った。
「あなたは死ねないのよ。それが悪魔に魂を売り渡した結果だわ。
人間は罰を受けることは出来ても罰を下すことは出来ないのよ」れい子はパニックになって
真弓のアパートを飛び出した。「嘘よ!嘘!」そこに猛スピードで車がやってきた
れい子は車と衝突する。

どれくらい気を失っていただろうか。れい子は花のにおいで目が覚める
「ここはどこかしら?」自分の周りは花でいっぱいだった。棺おけの中だった
「嘘よ!私はまだ生きてるわ!」どれだけもがいても誰も気付いてはくれない
「真弓たすけて!私は死なないって言ったじゃないの!!」事故を知った真弓は大急ぎで
火葬場まで走る。「どうか間に合って!!」しかし真弓がついた頃には
もうれい子は焼かれていた。生きながら焼かれていったれい子。もうこのゲームの
最後の生き残りは私。真弓はあの無残な最期を思いながら生きていかねばならなかった

360: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19(水) 17:07:53 ID:cOg50uIs0
生きながら焼かれるって、家族八景にもそんなのあったな

361: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19(水) 17:20:46 ID:hohA6r3E0
灰になっても蘇って、墓穴の下で生き続けているというオチはないんだな?

370: 本当にあった怖い名無し 2007/09/19(水) 23:19:59 ID:cQjCbwAS0
元祖浦安鉄筋家族から

のり子(主人公の隣人)は金魚を飼うことになる。
が、家では飼えないので学校へ金魚を持ってくる。
しかし、学校で金魚は幾度となく死の危険にさらされる。
だが、それをのり子は必死で守りきり、
やがてのり子と金魚は固い絆で結ばれる。
そこで小鉄(主人公)が、「口パクパクしてるから餌やろうぜ!」と
言い出し、フグオ(デブ。いつもお菓子を持ち歩いている)の筆箱から
ポッキーとチョコボールを取り出し投下してしまう。
金魚は頑張って避けていたが、チョコボール魚雷が脳天に直撃し、
動かなくなってしまう。
のり子はそんな金魚を見て、助けようと人工呼吸を試みる。
が、思い切り息を吹き込んだために『パーン!』と金魚は破裂。
教室は静まりかえった。


374: 本当にあった怖い名無し 2007/09/20(木) 09:23:17 ID:3ma1qjYG0
>>370
懐かしいなwww

371: 本当にあった怖い名無し 2007/09/20(木) 02:14:38 ID:perazt8xO
笑ってしまった

386: 1/2 2007/09/21(金) 11:51:21 ID:TDSWDxTs0
実話ですまん。

自分は病院の受付のバイトをしてる。
ちっちゃい個人の病院で、医者は院長先生一人。看護士さんと受付バイトが数人。
あとは、たまに院長先生の息子が代診で来るぐらい。
患者さんはだいたい近所にすんでて、先生とは顔見知りの人が多い。
だから、患者さんがどこのどんな人だとか、先生はよく知ってる。
私はバイト先と家とが遠いから、そういうのは全然わからないんだけど。

こういうちっちゃい病院にも、常連の人がいる。
患者さんで常連っていうのもおかしな表現かもしれないけど。

常連さんの中に、91歳のおばあちゃんがいる。
上品で、清潔感のある、おしゃれなおばあちゃんだ。いつも鮮やかなピンク色の口紅をしてる。
おしゃべりが好きで、診察に来ると、誰彼なく色々しゃべって帰っていく。
もちろん私にも、色々話を聞かせてくれていた。

387: 2/2 2007/09/21(金) 11:53:17 ID:TDSWDxTs0
おばあちゃんはしゃべっているときが一番幸せそうに見える。
「この杖おしゃれでしょう。花柄で。海外に特注したの」
「若い頃はねえ、あちこち海外に行ってたんだけどね、東南アジアの方とか。もう駄目ねえ」
「親戚にね、リハビリ専門の医者をやってるのがいるんだけど。見せにこいって煩くてねえ」
「弟が未だに甘えてくるもんだから、困ってるのよ。昔から頼られやすい人間だから、わたし」
って、まあ大体自慢みたいなもんなんだけども。
お年寄りの話を聞くの嫌いじゃないから、色々聞いていた。真面目に。

ある日そのおばあちゃんが帰ったあと、先生が
「あのひとも、かわいそうやなあ」と言った。
どういうことかたずねると、苦笑いで教えてくれた。
あのおばあちゃん、近所の人からも、息子からも嫌われて、独りで住んでいるらしい。
親戚に医者がいる話も嘘臭い。紹介状書こうとすると話を濁される。
弟はだいぶ前になくなっている。

開いた口がふさがらなかった。
あんな幸せそうに嘘をつく人がほんとにいるんだ、って。

本当のことを知ってから、おばあちゃんの話を聞くたびに、なんか後味悪い。

388: 本当にあった怖い名無し 2007/09/21(金) 12:04:19 ID:00fCcrUs0
>>386-387
なんかすごい不憫だ。
きっとあなたが、へーすごいですねえって話を聞いてくれるときが
一番幸せなんだと思う。
大変そうだけど頑張って聞いてあげてほしいなあ

456: 本当にあった怖い名無し 2007/09/24(月) 01:13:59 ID:g0j//Ddi0
今更だけど、「セーラー服と機関銃」もかなり酷くないか。

女子高生が弱小のヤクザの組長に指名されるんだけど、その組は5人くらいしか組員が居ない。
けど色々あって組員と友情みたいのも芽生えたりするけど最後は色々あって全員死亡。
ちょっといい感じになった男の組員は、ヤクザから足を洗って数ヶ月間真面目に仕事を
して、これで主人公の女の子の前に胸を張って堅気として会いにいける!!
という時に通りすがりの人たちの喧嘩の仲裁に入って逆に刺されて死亡。

ドラマの方しか見てないので原作と違ってたら申し訳無いんだけどドラマは
こんな感じでした。
原作もやっぱり皆死ぬのか?

457: 本当にあった怖い名無し 2007/09/24(月) 01:18:06 ID:LZgaRCb90
>>456
うん、まったく同じ。
最後に堅気になったのに死ぬのは渡瀬恒彦。

490: 本当にあった怖い名無し 2007/09/24(月) 20:03:51 ID:Dj8CUpjx0
〈 福岡飲酒事故の両親の手記 〉
裁判が始まるにあたって

事故直後の被告人の行動に極めて不満であり、不信感をもっています。被告人は、事故直後、現場から逃げさっています。
事故現場で直ちに救出活動をしてくれておれば、3人の子どものうち誰か1人でも救出できたのではないかと思うと残念でたまりません。
しかし当日同じ現場で見知らぬ人が温かい救助の手を差しのべて下さったことを有り難く思っています。
事故直後、大勢の人から励ましの手紙をもらって大変うれしかったです。
今でも引きつづき励ましの手紙を下さる方がおられ、本当に有り難く思っています。

しかし、一方で心ない人から、いろんな中傷を受けて嫌な思いをしました。
とりわけ、インターネットの2ちゃんねるなどにより、3人の子どもを救出できなかった自分たちに対して、
父親も酒を飲んで運転していたのではないかという根拠のない中傷を受け、本当に嫌な思いをしました。

現在は、いまだ事故当時のことを思うとそれだけで嫌な思いがよみがえってきて、
恐怖と不安にかられてしまいますし、通院もまだしております。
報道機関の皆さまや一般市民の皆さまにおかれましては、当面私たち夫婦をそっとしておいていただきますようお願いいたします。

平成19年6月12日
大上哲央、大上かおり

491: 本当にあった怖い名無し 2007/09/24(月) 20:12:01 ID:ks5lbfINO
>>490
こういうの読むと、2ちゃんは本当クソだなって思う。
面白いスレがたくさんあるからやめられないけど。

497: 本当にあった怖い名無し 2007/09/24(月) 21:46:38 ID:vlBfP4v00
>>491
そうか?
>>大勢の人から励ましの手紙をもらって大変うれしかったです。
って書いてあるけど、応援してくれる人が絶えないのも
2chの影響だろ。
本人に負い目がなければ堂々としてればいいと思うけどな。

504: 本当にあった怖い名無し 2007/09/25(火) 00:34:54 ID:dwTpIFjA0
>>490
「2ちゃんねる」っていうひとつの意思ではないんだけどね。
ちょっと大げさに妄想すれば、画面の向こうには加害公務員の仲間がいるかも
しれんわけで