1: 名無しさん 2014/03/06(木)22:30:15 ID:iDqC51adG
なんでもいいから語ってけ

2: 名無しさん 2014/03/06(木)23:05:43 ID:iEgFDZgyp
ペットが死ぬ夢を見たら死んだ。
猫2匹
金魚
で経験。
因みに人でも見た。

3: 名無しさん 2014/03/07(金)01:30:37 ID:fb6TeMFAG
小さい頃に五ミリ位のヒヨコを見たことかな?
ピヨピヨ聞こえるからキョロキョロしてたら右手の甲に何故か乗っかってて、なんで家に?とか小さ過ぎないか?とか思ってたら、手の肉?をくちばしでつついて食べた。
小さい穴が開いてた。たしか痛くはなかったと思う。捕まえようとしたら母ちゃんが呼んだから手を下ろして走ってしまった。
何だったのかな?今思うと夢としか思えないけどリアルだった気がする。

4: 名無しさん 2014/03/07(金)07:56:51 ID:ABgLIwKcz
>>3に似てるような似てないような体験ある。
小さい頃庭歩いてたら小さな卵を見つけた。白地に水色の斑点が入った1cmくらいの卵。その時はへーこんな卵もあるんだ、くらいで特になんの感慨もなく踏みつぶした。中身は普通の卵だった。全然オカルトじゃないけど、今までそんな卵見たことがないから、もしかして何か希少な生物の卵だったんじゃ... もちろんただの夢だったのかもしれないけど。

6: 名無しさん 2014/03/07(金)14:20:37 ID:jQv3X+kLD
>>3
何それ怖い。
不気味だね。

5: 名無しさん 2014/03/07(金)09:44:00 ID:oe26fNRpO
4歳か5歳の頃幼稚園の帰りに車に引かれそうになった
その時走馬灯みたいなのが走ったんだけど、今までの思い出と一緒に小学校で授業してる記憶まで出てきた
そのせいでちょっと前まで自分が7歳だった事を思い出した
微妙なタイムスリップ

9: 名無しさん 2014/03/07(金)16:06:34 ID:mr358Pv6S
新品で買ってきたDSのゲームを序盤のステージをクリアした辺りで一旦やめて、次の日またやろうとしたら二周目までクリアしたことになってたことがあった。
二周目に出てくる裏ボスも倒されてて、収集アイテムもほぼ全て集められてたから分かったんだけども、家には自分以外にゲームをする人間は居ないし、誰がやったのか未だに分からない。

10: 名無しさん 2014/03/07(金)17:48:53 ID:Cm5/ojDmO
高校3年ん時、5人組のグループでつるんでた。
でも全員がいつも「もう一人いる」気がしてた。
移動教室の時とか「もう一人がまだ来ない」から
廊下で待ってると「アレ?全員いるね。誰待ってたんだろ??」ってなる。この繰り返し。

更に話しは変わって
修学旅行に行った(5人組同部屋)。
部屋で寛いで、各自持ってきたオヤツを広げた。

私 「ビスコー」
A子「私もー」
B子「えー、私も持ってきたー」
C子「なんだよー私もだよー」 私~Cは大笑い。
D子「‥ジャーン!(ビスコ掲げる)」 全員爆笑
と思ったら更に
E子「実は私も‥(オズオズ)」
キャー!ヽ(≧▽≦)ノ" o(≧▽≦)o
女子高生の修学旅行の楽しい思い出。

なんだけど、全員が『6人目のビスコ』が誰だったのか結局分からず終い。

因みに、こんなんじゃオカルトって認められないかな?
この位地味なのでよければ沢山あるのだが‥

11: 名無しさん 2014/03/07(金)18:41:42 ID:520A9FxTt
>>10
座敷わらしみたいでロマンがあるな

12: 名無しさん 2014/03/07(金)21:18:38 ID:APhH79Wcj
昔怪談サイトに投稿した話なんだけど
閉め切った部屋でクーラー効かせてテレビを見てたとき
のどが渇いたから飲み物を取りに行って部屋に戻ったら床に放置してたビニール袋が天井に近い高さで飛んでた
は?と思ってるうちにひらっと床に落ちて、しばらく落ちた袋を見てたんだがもう浮き上がったりはしなかった

で、問題なのはここから。部屋をよく見ると何枚も重ねて積んでた漫画や遊戯王カード、座布団が崩れてた
カードや漫画はそれぞれ1メートルから2メートルくらい離れた所にテキトーに積んでたからすぐには分からなかったんだけど
開きっぱなしにしてたはずのテレビ台の2枚扉が片方だけ閉まってるのを見たときに気づいた
扉の閉まった方向、漫画やカードが崩れてる方向が全部同じだったんよ
ちょうど壁から窓に向かって、本当に綺麗に一直線に、なにかが無理矢理通ったみたいに

ちなみに幽霊だとは思ってない。あまりにはっきり物を動かしすぎてるし何か違う気がする
て言うかこんなアグレッシヴな幽霊嫌だ

13: 名無しさん 2014/03/07(金)21:40:35 ID:wWin0rgqu
小学生の頃、布団に小豆のようなものがパラパラ落ちる音で目が覚めた
隣で寝てるばぁちゃんは反応ないし、暗い中手探りしてもなんもないしで気のせいと思いまた寝ようとした
すると、枕元で何かホワンホワン浮いてる音がし始めた
怖くて目を開けられなかったが、それは俺の横を通り過ぎ今度は足元でホワンホワンやりはじめた
しばらくしたらそいつは消えた

俺はそいつを「小豆UFO」と名付けた いつかまた会いたいなぁ

14: 名無しさん 2014/03/07(金)22:28:59 ID:Jo7UcpXXo
高校の修学旅行で泊まった宿が海沿いの部屋だったんだ
六人部屋で、消灯過ぎても遊ぶじゃん。寝落ちした奴の枕元に女が居んの。
枕元でジーっと寝落ちした奴の顔見てた。
うわって思ったけどこっちに来ないから放置。翌日朝その部屋の皆で部屋の中で集合写真とったら見事に女がいた。
間違ってたのは1人じゃなく2人だっただった事だ。
他にも会社オーナーの親の葬式の日にご苦労様ですって聞こえた。
客かと思って返事したら、回りの皆に変な顔された。他にもあるがこれだけ投下。

15: 名無しさん 2014/03/08(土)00:42:45 ID:8WD42V6dP
じゃあそろそろ俺からも
ちょうど中一の頃俺の部屋は掃除していたので物が散乱しておりとてもじゃないけど
寝られる状況じゃなかった。
なので掃除が終わるまでのあいだリビングに寝かてもらえることになった。
その日も掃除をすすめるうちに夜11時くらいになったのでリビングで布団に入り寝ようとしたんだがなかなか寝付けずにいた
暗闇の中眼をつむり明日は押し入れの物を整理しなきゃなーとか机も拭かなきゃとかいろいろ考えていた
ふと耳を澄ますとチッ・・・チッ・・・チッ・・・と舌うちのような音が小さくなっている
よーく聞いていると俺の寝ている足元で動いている。 
右へ行ったり左へ行ったり近づいたり遠ざかったり・・・
30分くらいそれがつづいた。
怖くなりきのうせいだと自分に言い聞かせ寝ようとしたが一向に鳴り止まない
だんだん掃除の疲れもあってかイライラしてきたんだ。
もうなんなんだよ!うるせーんだよ!死ねよ!!クソが!!!と、強く目をつむりながら心の中でその音にたいし言った。
次の瞬間、耳元でおおきくチッ・・・!!!
明らかに舌うちだった。それも怒りのこもった。

19: 名無しさん 2014/03/09(日)07:55:42 ID:CmJcf3ceR
夜の7時くらいに部活終わって帰宅。その日はその時間に家族が誰もいない日だったので制服の内ポケットから鍵を出そうと制服の中に手を突っ込んだ。その時独り言で「あれ?どこだったっけな~」って呟いたんだよ。そしたら「どうかしたの~?キャッキャッキャッ」っていかにも遊んでるような幼児の声が聞こえた。
一瞬びびったが、住宅街ならありうるかな~何て思いながら鍵を開けたとき気付いたんだよ。まず、こんな時間に幼児が外で遊んでるわけがないし、あれだけ興奮していたらその後も声や足音、ボールとかの音が聞こえるはずなのに聞こえない。あの声以外なにもその後聞こえなかったんだ。
流石に恐ろしくなってすぐ家に飛び込んだ。今までこんな体験なかったから思い当たる節がありません。幻聴ですかねwwww

23: 名無しさん 2014/03/09(日)15:52:17 ID:zeEshHlnv
9歳の時引っ越した私の家にはナニカがあった。
主に私と私の部屋で、金縛りはしょっちゅう。色んな人の声もする。
壁の中からだったり、寝てる自分の上や枕元、ベッドの下。
「こういうのは慣れると寄ってくる」と聞いたから気をつけてたけど、コレ本当かも。

ある日枕元で4人位の男女の声が。正直慣れちゃってたから放置してた。
それが続いて3日目にはガヤガヤと人数が増えてうるさくなって、流石に「ヤダなー」って
気づいてない・寝てるフリをしてたら騒音がピタ!っと止まって「ヤバイ?!」と思ったら
頭の下の枕の中から女性の細い指が、私の髪に巻き付いて、ガシ!ワシャ!って髪を鷲掴みして
枕の中に引きずり込もうとしてきた。
ヤバイ!ヤバイ!って、金縛りで動けないなりにジタバタ必至に抵抗してるうちに夜が明けだして
気を失った。目覚めたら枕が捻れてた。大勢が集まったのはこの時だけで済んだ。

家に出る色んな人達はドッキリしても怖い系は少なかったしガッツリ触るのはなかったから、本当にビビったよ!

26: 名無しさん 2014/03/10(月)08:15:45 ID:W0je6uzZU
大した体験談じゃないけどいいのかな?
今は焼けちゃった緑風荘に泊まった後の話。
実家に帰って来たら不思議な現象がしばらく続いた。
誰かが廊下でバタバタ足を鳴らす音で目覚めたり、着物着た子供と一緒にバタバタ足を鳴らす夢を見たりしてたな。
何だったんだろうね?

462: 名無しさん@おーぷん 2015/04/15(水)14:48:49 ID:XOC
>>26
なっつかしい名詞が出てきたので反応
友達が行きたいって言うので一緒に泊まったんだけど、私は緑風荘はちょっと怖かったよ
今より霊感が立っていた頃だったから、見ない感じないとしても、明らかにこえええええ
部屋はいいんだ、あったかい
廊下とか共用洗面所とか外が…
特に、風呂へ向かう廊下一面の窓から見える、真っ暗な中庭の方が怖かった
そしてとにかく一枚の例外も無く全ての写真が10~数十のオーブだらけw
風も振動もないのに電灯の紐はぷらんぷらん揺れているし、襖はぽこぽこ叩く音がする
私は「あるある(笑」「寧ろもっと何か起きて」だったけど、当の友達が軽くパニックにw
後から聞いた話だと、私があまりにも当たり前そうにあっけらかんとしているから大丈夫だったけど、普通の人には大概びびる現象だから!と言われました
それから、その時に使ったカメラにはオーブが写りこむようになったのは笑えた
関係あるかないかわからないが、友達は転職して金持ちになって裕福にやってるけど、私は散々な人生を送っている

28: bac 2014/03/10(月)13:51:33 ID:7mujoiL6A
私が小学生の頃、ハムスターを2匹飼っていた。名前は「モコモコ」と「ジャッピー」。

ある日、父方の祖母が大腸の腫瘍を取る手術をした。
手術の日は平日だったので、私はそわそわしながら小学校へ登校した。

小学校から帰ると手術が成功したという報告を母から聞いた。
お見舞いに行くから準備しなさいと言われ自分の部屋へ駆け込み、急いで支度をした。

支度を終えて、ハムスターに行ってきますを告げようと籠の中のハウスの屋根を開けた。
「モコモコ」が眠そうに顔を上げた。「ジャッピー」は動かない。つついても、抱いても
起きなかった。死んでいた。

病院に着くと祖母は憔悴しながらも笑顔だった。手術や病気の話ばかりでつまらなかった
私は、ハムスターが死んだことを話した。

身代わりになってくれたのかもしれないね。祖母は涙を浮かべて言った。
私もそうだと思う。

38: 名無しさん 2014/03/12(水)07:13:59 ID:JwRES4qPs
息子が3才位の頃、ふと天井をジーと見つめることがあったなあ。
「誰かいるの?」って聞くと、たまに「うん」って返事してたよ。
「誰?」
「おじさん」
「知ってる人?」
「知らない人」
誰なんだよ!

40: 名無しさん 2014/03/13(木)16:14:32 ID:aePFmZc3U
私の母親がそういった体験をすごいしてる人なんだよな。

簡単に書いてみる。

○静岡の某所(滝がある所)で深夜人気が全くないのにも関わらず
大勢の喋り声が聞こえた

○あるアパートに住んでた時に
深夜上の階から水が漏れてきたみたい。
その日は、以前上の階のアパートで火災だか
焼身自殺だかがあったみたいで、直後消火の為に
水浸しになった状況と同じだったらしい。
もちろん、その階の物件には当時誰も住んでなかったらしい。

○母が若かりし頃、出身地の関係もあり
宗教とかが多く、その当時、母は電車に乗ってたらしく
いきなりものすごい吐き気と、どう説明したらいいかわからないほどの
苦しさに襲われたんだとか。
後々、その吐き気に襲われた日付と時間ピッタリに
宗教関係で知り合った人が自殺して亡くなった時間とピッタリだった事が判明したらしい。

○静岡の富士に住んでる頃、
越してきたアパートの一室で(当時母親の部屋でした)
白いモヤモヤしたものが部屋を通り過ぎるのを何度か見たらしい。
アパートの前の道路で子供達が遊んでる時も
外で同じような白いモヤが通り過ぎてくのを何度か見たらしい。
霊道でもあるんだろうか??




42: 名無しさん 2014/03/13(木)16:46:13 ID:aePFmZc3U
私の不思議な体験。

両親が離婚してから大分経った頃、
父が大嫌いだった私は、父親はどーでもよく
大阪に住んでいる祖父母の事が気に掛かり
離婚後に手紙を出した事があった。

「離婚してもおじいちゃんとおばあちゃんに変わりはないから」

そしたら離婚後、引っ越したアパートの家電に電話かけてきたらしく
泣きながら喜んでたと言ってたのを聞いた時は嬉しかったなー。

それから何度か手紙を出していた。
当時、甘ったれてた時の自分が過去に
大阪の祖父母に通信の学校に行きたいから(中卒)
と手紙書いたことがあった。
電話がかかってきた事があったけど、出られず
そしてそれが最後の肉声になってしまった。

電話かけなおしても、なんか変な知らない会社に繋がってしまうし。
(今思えばもっと他に「対応できただろwと思うが後悔先に立たず。)

んで、新しく働き始めた所で深夜も明け方まで
残業バリバリしていた時のこと、
何を思ったのか、ふと「あ。そ~いえば大阪のおばーちゃんに手紙ずっと出してないなー」って
思った。

それから明け方に帰宅して携帯見ると着信が。。
おばあちゃんが亡くなったと虫の知らせだった。

戦争体験者なので、父親が生まれたのが戦後まもない頃で
かなりのこうれいだったのもあり、人っていつどーなるかわかんないな。
そう思ってから、また何を思ったのか
生まれてからまだ年賀はがきの写真しか見てない一番下の妹を
おじーちゃんに会わせてやらなくちゃ!と思った。
んでgWに大阪まで連れてって帰ってきた。
そしたらその年の、おばーちゃんが亡くなった数ヵ月後に
またおじさんから連絡がきて
「オヤジが亡くなったよ」と電話越しに言われた時
ああ、やっぱあわせにいって正解だったと思った。
なんでか知らないが当時、使命感みたいなのがあった。
多分、安心したんだろうなって。

45: 名無しさん 2014/03/14(金)00:49:54 ID:PPZweIvii
東京ってなんとか百羅漢とか奇妙な空間が町の近くに広々と陣取ったりしてるね
あれは何の跡なのかな?

59: 名無しさん 2014/03/14(金)22:47:45 ID:lRp4Rv9sz
長くなるがすまぬ

俺昔お化け屋敷でバイトしてたんだわ。
ちょっと特殊なお化け屋敷で、仮面をつけてお化けやってたんだが、ある日
3世代(ばあさん、マッマ、幼女)3人組のお客が来た。3人と言っても仮面つけてて
前が見えにくいから足と声から判断して脅かしてた。
俺が脅かす一番手で、3人を脅かした後先回して最終コーナーでもう一度脅かすんだが
なぜか脅かした時に見えた足が2人分で幼女の靴が無かった。
咄嗟に出るタイミング誤ったかと思って幼女探したんだが見当たらない。
そしてそのまま2人は屋敷から出て行ったんだ。
幼女がいたと勘違いしたのかと最初は思ってたんだが、昼休み俺の
次のコーナーで幼女の声がしたから子供用の脅かし入れようとしてたら
幼女が居なかったって話をされてびびった。

60: 名無しさん 2014/03/14(金)23:34:48 ID:GyBOpRhpJ
高校2年の時。夕方、まさに黄昏時というような時間と夕焼け。
その日は親の運転する車で帰ってる最中だったんだが帰宅時間と重なって道が混んでたんだ。
信号で停まった時、ふと気になって横を見ると家の前の駐車場に黒い影が見えた。
黒い人影。
人の形はしてるけど見た目では性別も歳も顔も服装もわからないような黒。
でもなぜか小さい男の子だって思えたんだ。
10秒位見つめてるとその影は門をくぐって玄関の方へ
目で追っかけるのと車が発進したのはほとんど同時だった。
結局正体はわからずじまい。
あれ以来そういった影は見ていないけどggrと黒い影は何人も見ているようやね

まぁこれとは違う黒い影は枕元で寝起きに見つめられてたことがあったんだけどね(この時は老婆で敵意というか強い視線を感じた)
正体不明すぎるわ

63: 忍法帖【Lv=65,コング】 2014/03/22(土)03:34:55 ID:nW3aMnZfr
修学旅行の話が出たので、私も。
修学旅行で京都に行ったとき、一部屋8人で宿泊した。
長方形の部屋の真ん中に線を引いて、上下に分けた様を想像してね。その線に布団が被さらないように布団を敷いて、みんなの頭が線の方に向く
ように枕を並べたんだ。
夜中のお喋りは否応なく盛り上がった。それは私達の部屋だけでなく、他の部屋も騒がしかった
から余計に消灯時間のことなんか頭から消えていた。
でもやがて違う部屋の生徒が「見回りがそこまでもう来てる!」て教えに来てくれので、私達はすぐに狸寝入りを始めた。でもその状況が笑えて「プー!クスクス」な声が部屋のいろんなところ
から聞こえてた。今にもみんなで爆笑しそうになっていた時、遂にドアが開く音が聞こえた。
頬の内側を噛んで笑いを必死に堪えていたら、頭の上の方から足音が聞こえてきたんだ。
はだしで畳の上を歩くと、皮膚に張り付いた畳の表面がパリパリって音を立てて剥がれるの。
その音が私の頭のすぐ上でし始めたんだ。
引率は男性教師で、私達は女生徒だったから、ものすっごい腹が立った。多感な年頃だったしね。
ドアが閉まって先生が出て行く音はしなかったから、十分に時間が経ってから私は口を開いた。
「ねえ、先生部屋の中まで入ってきたね」最悪だよね、と続けようとしたけれど、「入ってきてないよ。ドア開けて中を覗いたらすぐ閉めていったよ」という、ドアの前に布団を敷いていた子の返事に何も言えなくなった。
みんなに話しても怖がらせるだけなので、そのことは誰にも言わないでいた。
でも、今でも本当に不思議で、あの足音が誰のものだったのか知りたい。

64: 名無しさん 2014/03/22(土)11:38:37 ID:QplOiywYJ
それ俺だよ

65: 忍法帖【Lv=34,げんじゅつし】 2014/03/22(土)17:16:57 ID:nW3aMnZfr
>>64
ヤメテ。
お化けより怖い。

68: 名無しさん 2014/03/23(日)11:52:02 ID:WBcTyfSCv
今から20年程前の10月頃の事、その日は残業で遅くなり通勤でいつもの山道を車で帰宅途中に小便がしたくなってきたが、夜になると車通りも全くなくなる真っ暗な山道で車を止めてするのも嫌なんで少し先に行った所にある某自然公園付近の駐車場にあるトイレで用を足そうと車をはしらせていたんだ

自然公園と言っても何もなくてただ駐車場とトイレと遊歩道があるくらいで外灯もなく真っ暗な所に着いてトイレ前に車を横付けしようと近づくとトイレからぼんやりと洩れる灯りでトイレ前駐車スペースが濡れて水溜まり状になってるのが見えた

車を停めずに徐行しながらその濡れている場所に車を横付けして車窓から確認すると水溜まりではなく赤黒く地面に付着した大量の血液の様だった、その瞬間 背筋に悪寒を感じ辺りを見回しても駐車場や付近の道路に駐車している車や人も居ない、その血溜まりの様な跡を再び見るとトイレ方向まで血痕の様に続いているのが見え更にトイレの中に誰かいるのか わからないが気配を強く感じ早くこの場から離れた方がいいと直感し車を走らせ駐車場出口付近で後ろを振り向いて見るとトイレからぼんやり洩れる逆光で真っ黒な人影がトイレ前に立ってこちらに走って追いかけて来るのが見え車を急発進させ逃げた

その後は最寄の警察署に行きトイレを貸してもらい事情を話し2名の警官とパトカーに同乗し現場まで同行したが、なんの痕跡もなかった。文才なくてすまんが儂の唯一のオカルト体験

69: 名無しさん 2014/03/23(日)13:14:16 ID:mDMjcjNvG
うおぞっとした。何の痕跡もなかったって
のがなんか凄いね

72: 名無しさん 2014/03/28(金)06:07:48 ID:aW2bFTp3i
どんなにセンセーショナルな体験でも、
説明が出来ないことっていうのは記憶の片隅に追いやられていくもんだね。
今はもう20代の俺だけど、そんな10年ほど前の体験があるよ。

10年ほど前、俺が四年生のときに、通ってた小学校で起きた出来事だよ。
確か春休みに入る直前の日で、その日は学校に来て1,2時間だけ授業をやる、
その後に全校生徒が体育館に集まって終業式をしてから、各自の教室で担任に通信簿をもらう、
そしたらお昼過ぎには帰れるというのがパターンだった。
春休み前だから、妙に浮かれてたね。
みんなにもわかるかな。午前中だけ授業の日のあのワクワク感。

俺もその日の午後は友達のアキヨシんちに集まってみんなでゲームやろうとか予定してたし、朝からワクワクが止まんなかったよ。
当時はPS2の三国無双が俺らん中で激アツいゲームだったね。
よく友達のアキヨシんちにクラスの連中で集まって、交代プレーしたもんです。

73: 名無しさん 2014/03/28(金)06:09:01 ID:aW2bFTp3i
まぁ、そんなこんなで、短い授業を終え、終業式を終え、やっとこさ帰れる時間が近づいてきたわけだよ。
体育館での終業式から教室に戻ってきた俺たちは、担任が来るのを待ちながら各自好き勝手におしゃべりしてた。
廊下の向こうには同じ階に教室がある5、6年生たちがゾロゾロ歩いて教室に帰る途中で、周囲はかなり騒々しい状況。
今日アキヨシんちに集まる人、どのキャラ使うか、あーでもねーこーでもねー、みんなで話してる最中だった。

急に、廊下から聞こえてくるザワザワのボリュームが大きくなったんだよ。
よく大勢の人が驚いたときとか、「どよっ…」てなるじゃん。あんな感じで。
俺らも無意識に廊下の方に視線を向けたんだ。教室にいたほとんどが廊下のほうを振り返ったと思うよ。
廊下に面した壁には全て窓がついてるから、廊下の様子はよく見えるんだ。
廊下にいる大勢の5,6年生は、みんな一様に右のほうを向いて「どよっ…」してる。
その中には後ずさりする生徒も、左のほうに逃げ出すやつも見える。
なになに?なにがあんのよ右のほうに?なにが右から来てんのよ?

74: 名無しさん 2014/03/28(金)06:09:54 ID:aW2bFTp3i


俺らもイスから立ち上がって、廊下の方へ行ってみようとした時だ。
真っ白い人影が、右手の方から廊下の視界の中にフェードインしてきた。
真っ白い人影っていっても伝わるかどうかわからんが。

2メーターちょいくらいありそうな、真っ白い煙が凝集したような人影が、
やや早歩きなペースで廊下を普通に歩いてってるの。

そんなもんが見えてるもんだから、教室にいる俺たちもますますヒートアップだよ。
「オイオイ何だあれ!」と真っ先に教室から廊下に駆けてったのはアキヨシだ。
俺らもそれにつられるように、廊下に飛び出す。
後ろから見ても、それはやっぱり人影だ。ただ、首から上、手足が妙に細長いのが気になる。
その体のアンバランスさがすげー不気味だったけど、廊下の端と端に区切られた恐慌状態の5,6年生たちの間を普通にのっしのっし歩いていくあたり、
なんとなく何もしてこないような、安心できそうな気もする。
ただ歩くだけかコイツは、と。

75: 名無しさん 2014/03/28(金)06:11:01 ID:aW2bFTp3i
中には無鉄砲な5,6年生もいて、何人かはその白い人影に付いていきながら、「ウェーイw」「なんだ触れねーよ!」とちょっかいだしてるし。
俺らの中でも一番そういう奴らに近いのがアキヨシだから、アキヨシもダッシュで人影をすり抜けたり、混じって遊んでるんだ。
俺を含むアキヨシ以外のクラスの連中は、そんな彼らを後ろから追いかけて「アキヨシやばいって!」「やめとけって!」と大声張り上げる。
5,6年のクラスの担任とかも廊下で立ちすくんでる生徒たちを自分の後ろにやって、「やめろーー!!」っていつもみたいに怒鳴るんだけど、全く聞く耳無し。
うちの担任の女先生は職員室から教室に来る途中でその騒動に出くわしたらしく、廊下の途中にポカーンと突っ立ってた…

で、散々暴れまくってるアキヨシが、大きくジャンプしてそいつの首に「オラァーーっ」ってラリアットかましたの。
そしたらずーっと歩き続けるだけだった人影が、突然ピタッって立ち止まった。

あ、やばい。
廊下にいるみんながそう思っただろう。俺らも人影が初めてリアクションを示したことにビビッて立ち止まる。
一瞬でしんとした中、アキヨシの「ラァーっ…」という語尾と着地音だけが響く。

次になにをするんだろうこいつは。みんなマジで怯えてた。
アキヨシと人影が対面する形になって、人影がアキヨシと目線の高さを合わせるようにしゃがみこんだ。
そして、すっとひょろ長い頭を下げて、アキヨシの頭と重ねたんだ。

76: 名無しさん 2014/03/28(金)06:11:55 ID:aW2bFTp3i
するとどういうわけか、人影が消えたんだよ。
まるで目の前の状況が理解不能、
皆がでっかいクエスチョンマークを浮かべてる中、アキヨシがそのまま後ろにどおっと倒れるのが見えて、俺も我に返った。

「オイオイオーイ!」とみんなで駆け寄ったら、アキヨシの奴、半白目で失神してんの。
うー、うー、頭を小刻みに振りながらさ。
すぐに担任も駆け寄ってきて、俺らみんなで保健室にアキヨシを運んだ。
保健室に運ばれたアキヨシはまだそのまま目を覚まさなくてさ、俺らはとにかく教室に戻るように言われたんだ。
もう低・中学年の教室では通信簿も帰りの会も終わったころで、集団下校の時間も迫ってたから。
その後は特に変わったことも無く、担任はいつも通りに事態を進行させてた。
教室で通信簿もらって、下校するようにと。
クラスはみんなして、さっきのはなんだったんだ、アキヨシどうしたんだ、とめちゃめちゃにざわついてるし、
さっきあの廊下にいた全ての生徒のクラスもそうだったろう。
それが終わっても、俺らはアキヨシのいる保健室にいようと思ったんだけど、「帰りなさい!」と一喝されて下校。
アキヨシはその後すぐにお母さんが迎えに来たらしい。

77: 名無しさん 2014/03/28(金)06:13:39 ID:aW2bFTp3i
家に帰って親に今日あったことを話しても「ハイハイ何いってるの」みたいな対応だし、
その日はアキヨシ以外のメンバーんちに集まって、とりあえず三国無双して解散した。

次の日の朝にアキヨシんちに電話したら、アキヨシがもう目を覚ましてるって聞いて、みんなで即駆けつけた。
アキヨシ家に着いたらアキヨシ母は「うちのアキヨシ、貧血で倒れたんだって?保健委員が運んでくれたんでしょありがとね~」的なこと言ってるし。
いやいや違うだろおばさん。でもアキヨシに会ったらマジで普通で、みんなとりあえず安心したよ。
アキヨシはあの後、保健室で目を覚まして家に帰ったらしい。
で、記憶も人影に頭を重ねられた時点までしかなくて、気がついたら保健室のベットだったそうだ。
「頭あわせられてなんで失神したの?」と聞くと、白い人影が自分に向かい合ってしゃがみ、頭が近づいてきて、
よくわからん夢の風景みたいなもんが沢山フラッシュしたかと思ったら、次の瞬間には保健室だった、と。

なんだよその夢の風景って、とみんなで聞いても
「なんか見たことある気がするんだけど、現実っぽくない感じがする夢の風景に似てる。都会とかその辺の風景っぽいんだけど色々だったよ」
と不明瞭な答えしかいただけなかった。
ふーん…?、と腑に落ちない俺らだったが、とりあえず三国無双して解散した。

その後、学校では白い人影を「異次元の人」と呼んで、アキヨシはそれにラリアットをかましたということでヒーローだったね。
それもほんの少しの間だったけど。やっぱ意味のわからない体験とかって、すぐに日常の中に埋もれちゃうみたいだ。
今でさえ、地元の仲間と集まるとたまーにその話になるよ。
俺もみんなもハッキリと当時のことはよく覚えてるんだ。
でもどうして白い人影が急に学校に現れたのか、夢の光景ってなんなのか、それぞれ脈絡がないカオスな要素ばかりだから、それ以上に話は展開しない。
ただ、10年前、あそこにいた俺たちは確かにそれを体験したはずだ、という頼りがいのない気持ちが残るだけだわ。

長文で悪い。
普段はあっちのオカルト板にいるんだけど、なんだか連続投稿で規制をくらってしまったので。
終わりです。

78: 名無しさん 2014/03/28(金)09:27:03 ID:fChJkeIYO

なんか面白い話だった。
こっちは規制もなくて快適だから気に入ったらまた書いてね

79: 77 2014/03/28(金)09:40:08 ID:aW2bFTp3i
>>78
ありがとう。

それからこの話はあっちのオカルト板の方にも書いたんだけど、
文の勢いで文を書く勢いでそのまま全部「5、6年生」としてしまったが、「5年生」の間違いだ。
訂正。

80: 名無しさん 2014/03/28(金)10:15:54 ID:QGUCV4LCC
子供の頃納屋で猫が死んでる夢を見た。翌日納屋にいくとその通りに見知らぬ猫が死んでいた。

81: 名無しさん 2014/03/28(金)12:45:53 ID:FISBIh3Ul
さっき渋谷のスクランブル交差点を渡ってたら反対側からめっちゃでかい人がきた。友達にあの人めっちゃでかいね2メートルは軽く越えてるよねっていったらどこにいたの?って言われた。
私一度もお化け的なの見たことも感じたことも無いから友達がふざけてんのかと思ってあそこだよって言ったらそのでっかい人がこっち見ててびびった。その人見ながら友達にそれも伝えたら

82: 名無しさん 2014/03/28(金)12:55:46 ID:FISBIh3Ul
友達は見えないって。
ちょっと怖くなったから一瞬目を離してまた見たけど今度はハチ公前辺りで止まっててずっとこっち見てる。んでなんか口パクパクしてるからよーく見たら何となくだけど、内緒だよって言ってる気がしたんで頷いて友達にうっそーって言っといた。
次見たらもういなくなってた。

なんだったの?ww

んで途中書き込めなくなったんだけど。なにこれ。

83: 名無しさん 2014/03/28(金)13:29:07 ID:lomsgz1fe
おいおい、近いよやめてくれ

84: 名無しさん 2014/03/28(金)19:16:57 ID:aUT9Ya246
まだ渋谷にその人いた。

タバコすってから帰ろうと思って喫煙所によったらハチ公前で今度は座ってた。
でっけーけど特に変わった雰囲気ではなかったから悪い霊じゃ無いのかも。
って見たことも感じたことも無いからわかんないけど感覚的に悪くは無さそう。

こ今度はごめんねって声聞こえた。

ヤバイ。霊感ついたかもしれん。

91: ・・・-・ 2014/03/29(土)14:30:38 ID:rX8zzYW0u
思い出したので書き込みします。
自分がJ隊時代にS馬の演習場で、一週間演習をした時の話。

最初の三日間延々と穴掘り。二日目の深夜にようやく組長から「お前から仮眠をして来い」と言われ、離れた天幕へ仮眠をしに一人で向かった。
仮眠用に開設していた業務用天幕の中は真っ暗。手探りで入口近くの野外ベッドを見つけたが、既に誰か寝ている様子。
寝ている人の半長靴に思いっきり触れてしまった(演習中は半長靴を履いたまま寝る)。
他のベッドはどうだろうと天幕の奥に進むんだけど、大勢が寝ている寝息が聞こえていて、どこが空いているのかわからない。
ライトをつけたら、起こしてしまうし…
あ、そうだ!と私物の赤外線暗視単眼鏡(ドンキで売ってた安いやつ)を持っていたのを思い出し、腰のダンプポーチから取出して天幕内を単眼鏡で覗いてみた。

…えっ?

天幕の中には誰も居ない。8個設置してあったベッドは全部空。あの半長靴に触れたベッドの上にも誰も居ない。
確かに触れたあれは、半長靴3型の独特の靴紐とソールの感触だったのに…
さっきまで聞こえていた人の寝息の音もピタリと聞こえなくなっている。
普通の状況だったら、ここでゾッとしちゃうわけだが
その時自分は、余りにも疲れすぎてて「なんだ、空いてんじゃねぇか。」とそのままベッドへゴロンでした。
人は疲れすぎると、恐怖よりも睡眠を優先するんだなと思った。

92: 名無しさん 2014/03/29(土)15:01:33 ID:IFLSyklhp
オチがリアルでいいな。現実ってそんなもんか。